ここから本文です

部活の送迎に「白バス」利用 業者を書類送検

6/16(金) 20:30配信

産経新聞

 滋賀県内の中学高校約25校が、部活動の遠征の送迎に、無許可で営業する「白バス」業者を計約80回にわたり利用していたことが分かった。滋賀県警大津署などは16日、道路運送法違反の疑いで、同県東近江市の「ラッキーレンタカー」代表取締役の男性(65)と法人としての同社を書類送検した。

 書類送検容疑は平成28年4月下旬~29年1月下旬、同県彦根市立中のサッカー部などが遠征する際、無許可でマイクロバスを計19回運行して生徒らを送迎し、送迎費として約75万円を受け取ったとしている。

 県警は15日、県教育委員会に法令順守を申し入れた。大津署によると、同社は同期間に県内の他の中高校約25校でも約80回、部活動の遠征などで生徒を送迎していた。代表の男性は「県内の中学校の教員から依頼され、20年ほど前に始めた」と供述している。

 利用した彦根市の中学校は「保護者の負担を減らそうと、少しでも安いところを探していた」としている。違法性は認識していなかったという。

最終更新:6/16(金) 20:30
産経新聞