ここから本文です

菊地英昭プロデュースのbrainchild'sが新作引っさげた満員御礼の全国ツアー後半戦スタート、今月末には東京で最終公演

6/16(金) 18:09配信

Billboard Japan

 5月10日にミニアルバム『PILOT』をリリースしたTHE YELLOW MONKEYのギタリスト 菊地英昭プロデュースによる音楽プロジェクト brainchild'sの全国ツアー【brainchild's TOUR 2017 G??】の後半戦が、6月10日の新潟 GOLDEN PIGS RED STAGE公演よりスタートした。

各メンバーのソロカットなど計7枚

 2008年により始動し、コンスタントな活動を続けているこのプロジェクトでは、これまでにも様々なミュージシャンを招へいし、菊地英昭が描き出すサウンドを色鮮やかに表現してきた。昨年より始まった第7期、渡會将士(vo / FoZZtone)、神田雄一朗(b / 鶴)、岩中英明(dr / Jake stone garage)を加えた4人編成で、昨年春のミニアルバム『HUSTLER』に引き続き、今年も新たな作品として『PILOT』をリリースした。

 ただ、その間に菊地英昭には、THE YELLOW MONKEY再集結という大きな出来事があっただけに、比例してbrainchild'sに対する注目度も高まっていた。全国ツアー【brainchild's TOUR 2017 G??】9会場のチケットはすべて早々にソールドアウトとなり、5月上旬に行われたツアー初日、菊地の地元である八王子はMatch Vox公演も、客席は瞬く間に超満員に膨れ上がった。

 ライブはやはり最新作『PILOT』、前作『HUSTLER』と第7期で制作した2作からの楽曲を中心に、バラエティに富んだ楽曲が次々に披露される。客席から向かって右側、THE YELLOW MONKEYの時と同じポジションに位置した菊地は、きらびやかなフレーズから骨っぽくハードなリフ、サイケデリックに彩る印象的なアプローチなどなどギターから繰り出す自在のサウンドに加えて、自身がメインボーカルを担当する楽曲では高らかな歌声も。会場はどこも1000人を超えないキャパシティのいわゆるライブハウスである。ファンにとってはタマらない公演といえるだろう。

 もちろん、他のメンバーも負けていない。brainchild'sへの参加歴が一番長い神田は、鶴でも肉感的なベースプレイでライブを盛り上げるキーパーソンだが、時折、菊地とアイコンタクトを取り、背中合わせに寄りかかるパフォーマンスで黄色い歓声を集める。最年少の岩中が攻撃的なドラミングと丁寧なアプローチとを見事に使い分けながらリズムの芯を支え、渡會は生粋のフロントマンらしいダイナミックなステージングと伸び伸びと力強い歌声で楽曲に広大なスケール感の与え、MCでも軽妙なトークで笑いを誘いまくる。その絶妙のコントラストに、客席からは各メンバーの名を呼ぶ歓声が鳴り止まなかった。

1/2ページ

最終更新:6/16(金) 18:19
Billboard Japan