ここから本文です

2020年の改憲に向けて始まっている「拡張財政」に備えよ

6/16(金) 7:02配信

マネーの達人

改憲に向けて始まっている拡張財政の話

拡張財政の話が始まっています。

森友学園や加計学園といった騒ぎがありましたが、今国会の会期末も迫っており官邸の逃げ切りが濃くなってきました。

この後は、2020年の改憲に向けて、本格的な動きが出てくると思われます。

そんな中で、私たちが備えておくべきことは何かを考察してみたいと思います。

長期金利を0(ゼロ)近辺に固定にして現状維持を続けている理由

日銀政策決定会合は、昨年9月以降ほとんど新しいニュースがありません。それは至極当然のことで、現状維持以外の選択肢があり得ないからです。

今の日本において、金融政策でインフレ目標を達成することは、ほぼ無理と答えが出ました。

しかしながら、日銀が国債買い入れを止めると、0(ゼロ)近辺で維持している長期金利の維持ができません。

長期金利が上昇すると、財政と日銀のバランスシートが毀損します。

日銀は国債を買い過ぎたために、金利上昇で国債価格が下落すると、最大10兆円の債務超過に陥るという試算もあるほどです。

また、現実的ではないですが、これ以上金利を下げると金融システムが壊滅する恐れがあります。

すなわち、1日でも長く国債の買い入れを続け、長期金利を0(ゼロ)近辺に固定すること以外、日銀には政策も手段もありません。これが現状維持を続けている理由です。

国債に限りがあるため続かない政策

問題は市中の国債に限りがあるため、この政策がいつまでも続ける訳にはいきません。(日銀が国債を買いたいのに、売りがなかった日が今年になって既に3回あります。)

異次元緩和という第1の矢が、終わりに近づいていることを頭に入れておくべき時期だと思います。

第1の矢の終わりとは、

・ 量の縮小
・ 金利の引き上げ
・ 日銀のバランスシートの縮小に向かう

ということですので今、低金利で長期固定のローンを組むのは正解でしょう。

政府、国会、日銀は、異次元緩和の出口について、かなりの数の考察を始めているようです。

真剣に向き合わなければいけない時期

黒田総裁の会見では、出口を語るのは時期尚早と聞こえてきますが、真剣に向き合う時期が来ていることは認めざるを得ないはずです。

改憲に向け株価を維持するために、あと1~2年ほど出口戦略の開始を延期したとしても、それ以後異次元緩和を継続するのはまず不可能です。

とはいえ、うかつに出口を語ると、金融市場がパニックになる可能性があります。

株式市場や為替に大混乱を引き起こし、景気の腰を折ることにもなりかねません。

1/2ページ

最終更新:6/16(金) 7:02
マネーの達人