ここから本文です

登山中のけが、すぐ通報を

6/16(金) 14:29配信

ミニ事件簿

 14日午後8時ごろ、別府市消防本部に由布岳に登った登山者から「同行者がけがをして動けなくなった」と通報があった。救急隊員らが現場まで登り、斜面に座り込んでいた福岡市内の60代女性を担架に乗せ、午後10時前に下山した。消防本部によると、女性は夫と友人夫婦の計4人で同日朝から登山し、夕方には戻る予定だった。下山中だった午後3時ごろ、転倒して足首を捻挫したという。消防本部は「動けなくなったら大げさだと思わず、早めに通報してほしい」と呼び掛けている。

大分合同新聞社

最終更新:6/16(金) 14:29
ミニ事件簿

Yahoo!ニュースからのお知らせ