ここから本文です

お金とコミュニケーション、経済に“エモーション“が復活する--木村新司(AnyPay)× 佐藤航陽(メタップス)

6/16(金) 12:01配信

SENSORS

落合陽一×齋藤精一が『SENSORS』新MCとなってから初のサロン、テーマは「FinTechと日本の未来」。ゲストに迎えるのは木村新司氏(AnyPay)と佐藤航陽氏(メタップス)だ。個人間の支払いができるわりかんアプリ「paymo」とスマホで簡単にモノの売り買いができる決済サービスを提供するAnyPay、ビッグデータとAIの活用により新しい経済やお金のあり方の実現を目指しメタップス。日本のFinTechを牽引する両社代表に「FinTechと日本の未来」について語っていただいた。4週にわたってお届けする第4弾記事。

【画像4枚】「お金とコミュニケーション、経済に“エモーション“が復活する--木村新司(AnyPay)× 佐藤航陽(メタップス)」画像一覧

■東洋・インドが中心になる21世紀に経済的価値観はどう変わる?

落合:お二人に聞いてみたいことがあります。今の資本主義って西洋哲学の時代だと思うんです。ただ、今後インドと中国を足し合わせた人口が世界の半分になると思います。人口統計的には今後21世紀は明らかに、東洋とインドの世紀になりますよね。そうなったとき、僕らの金銭的な価値観や経済的な価値観はどう変わるのか。

木村:中国もインドも一旦は成長する必要があるため、資本主義的には成らざるを得ないでしょう。ただ、同時に人工知能やロボットが出てくるので、資本主義的な労働観からは解放されるかもしれません。そうなると、幸せに対するお金の意味を考えるようになると思います。つまり、家族との時間を犠牲にしてでもお金を手に入れたいのかどうか。この辺りの考え方は再考されるでしょうね。

落合:インドは国土の広さや宗教の多様性によって、そもそも地域によって言語が異なります。そうすると、彼らにとってお金は統一言語に近い。彼らはそこを一段飛ばしでFinTechを入れているので、逆に安定しているというか、我々とは違った価値観が出てきそうな予感がします。

佐藤:落合さんのおっしゃる通りで、私たち日本人の持っている価値観はアメリカから来たものじゃないですか。私たちはまだアメリカ経済圏のなかにいるので、西洋の思想がグローバルスタンダードだと勘違いしていますが、情勢も変わりつつあります。最近は中国がすごい力をつけていて、資本主義の中でも資本主義じゃない国が一番強いというよく分からない状況になりつつあります。ここからさらにインドが成長してきたら、人々の価値観、スタンダードの部分がひっくり返る可能性は大いにあるでしょうね。

落合:僕、中国語辞典を読むのが趣味なんです。「この言葉は日本の輸入だな」とか「明治に福沢諭吉が作った言葉はここまで波及したか」とかを考えながら読みます。アジア圏で共同の近代認識として漢字に当てて作った言葉があるのですが、それはだいたい西洋からの輸入なんです。それを僕らがアップデートし、もう一度西洋に輸出してあげないといけないんですよね。

佐藤:「夢」という単語もたしか、明治時代くらいに日本に入ってきました。「人がやりたいことを夢見る」という言葉自体が概念的になかったんですね。なぜかといえば、生まれた瞬間から武士は武士で農民は農民だったから。なので概念はすぐ作れるし、今の「お金」という概念や「金融」という概念もおそらく幻想、思い込みなのでしょう。

1/3ページ

最終更新:6/16(金) 12:01
SENSORS