ここから本文です

元横浜DeNA多村氏、最も影響を受けたのはローズ「よくしてもらった」

6/16(金) 0:20配信

AbemaTIMES

 元プロ野球選手で野球解説者の多村仁志氏が、自身が最も影響を受けたプレーヤーとしてロバート・ローズ選手の名前を挙げ、ローズからもらったバットを使い続けていたなど思い出を語った。

 6月15日のセ・パ交流戦、横浜DeNA対千葉ロッテ3回戦は、OBの多村氏がAbemaTV中継の解説を務めた。現役時代に仲の良かった外国人選手、影響を受けた外国人選手に話が及ぶと、多村氏は横浜マシンガン打線の中心だったローズ選手の名前を挙げ、「ローズからもらったバットを使い続けて、ずっと同じ形を現役の最後まで使いました」と明かした。多村氏が最初に1軍に上がったときにローズが「これを使え」とバットをくれたそうで、「それから食事に連れて行ってもらったり、トレーニングを一緒にやろうと誘ってもらったり、ずっと良くしてもらった」という。

 外国人選手と積極的に仲良くしていたという多村氏は、「外国人選手は孤独を感じがちというか、異国の地に来ているので誰か周りにいてくれるというのはありがたいのではないかと思った。だから僕は自分からコミュニケーションを取るようにしていました」と語った。

最終更新:6/16(金) 0:20
AbemaTIMES