ここから本文です

西武沿線から三崎のまぐろ旅へ 「西武線発みさきまぐろきっぷ」6月17日発売

6/16(金) 7:20配信

乗りものニュース

池袋または高田馬場までの往復乗車券をセット

 西武鉄道と京急電鉄は2017年6月15日(木)、「西武線発 みさきまぐろきっぷ」を6月17日(土)から発売すると発表しました。

 京急電鉄が発売している「みさきまぐろきっぷ」は、京急線の各駅から三崎口駅(神奈川県三浦市)までの往復乗車券と、三浦・三崎エリアを走る京浜急行バス指定区間のフリー乗車券、指定店舗でまぐろ丼などの特別メニューが食べられる「まぐろ食事券」、レンタサイクルや日帰り入浴などに利用できる「レジャー施設利用券orお土産券」がセットになった企画乗車券です。

 価格は品川、京急蒲田、京急川崎駅が3060円、横浜駅が2960円、上大岡駅が2850円など(いずれも大人。別に子供料金あり)。京急線の各駅(泉岳寺、三崎口を除く)で通年発売されています。きっぷは2009(平成21)年に登場。2016年度は15万7461枚も売れたヒット商品です。

引換券は京急品川駅で「みさきまぐろきっぷ」と交換

 そして今回はこのきっぷの「西武版」が発売されます。「西武線発 みさきまぐろきっぷ」は、西武線の発駅からJR山手線に接続する池袋駅または高田馬場駅までの往復割引乗車券(往路1枚、復路1枚)と、「みさきまぐろきっぷ」引換券の3枚セットです。このうち引換券は京急電鉄の品川駅で使用できます。

 価格は発着駅ごとに異なります。所沢駅は3620円(池袋、高田馬場同額)、飯能駅は3820円(池袋経由)、西武秩父駅は4320円(同)、本川越駅は3820円(同)または3860円(高田馬場経由)など(いずれも大人。別に子供料金あり)。きっぷは池袋、小竹向原、西武新宿、高田馬場と多摩川線を除く西武線の各駅窓口で販売されます。発売当日限り有効です。

 西武鉄道と京急電鉄は「品川駅から約1時間で、新鮮な三崎のまぐろ料理や温浴施設、レジャー施設などまるごと1日楽しめる『西武線発 みさきまぐろきっぷ』をぜひご利用ください」としています。

乗りものニュース編集部