ここから本文です

日本代表両LOはピンチ救うか? 谷田部&ヘル、アイルランド戦で出し切る!

6/16(金) 21:25配信

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

 ラグビー日本代表がピンチを迎えている。

 攻防の起点となるセットプレーで中核をなすLOに、故障者が続出しているのだ。6月2日からのツアーが始まってから梶川喬介、真壁伸弥が順に離脱。そのカバーのため追加招集された大野均も、14日にチームを抜けることとなった。

新たな大物が日本へ! 神戸製鋼が豪代表の万能BKアシュリークーパー獲得!

 チームが17日に静岡・エコパスタジアムでぶつかるアイルランド代表は、そのセットプレーを強みとする。なかでも空中戦のラインアウトから組み込むモールは、得点源のひとつとなっている。

 今回は日程上、若手中心の編成で来日も、LOでは48キャップ保持の30歳、デヴィン・トナーが芝に立つ。身長208センチ、体重124キロという身体を活かし、攻防の最前線で身を挺す。

「勝つための激しい練習がある。それで怪我人が出たのは残念ですが、僕はその人の分までやろうという気持ちです」

 こう語るのは次戦先発のLO、谷田部洸太郎だ。

 パナソニックの献身的なタックラーとして存在感を示してきた身長190センチ、体重107キロの30歳で、ここまで13キャップを取得。素早い攻守の切り替えを目指すチームにあって、1つひとつのタックル、ブレイクダウン(ボール争奪局面)での相手を制す動きに力を込めたいという。

「BKに速いボールを出せるようなブレイクダウン(を意識する)。あとは相手を倒すところです。ブレイクダウンでこっちが寝ていて向こうが立っていたら、枚数も減らない(数的優位も出ない)。1人1殺じゃないですけど、しっかりと相手を倒す。そうすることで、(別の場所に)スペースができてくると思う。僕らFWは、そこを意識しないといけない」

 今回のチームでは、自軍ラインアウト時の捕球位置の決定などを任されている。セットプレーを介さないプレーに時間を割こうとするゲームプランを踏まえ、それでも数回はやってくるセットプレーの機会を大切にする。

「アイルランド代表に大きい選手がいるなか、精度の高いラインアウトをやらなきゃいけない。相手を釣るデコイ(おとり)の動きとか、飛ぶこと以外の動きも大事になってくる。それも練習してきたことなので、出せたらと思います」

 2つあるLOのポジションのうち、もう片方の座につくのはここまで4キャップのヘル ウヴェだ。

 トンガ出身の日本人選手で、拓大からヤマハ入りして4年目の26歳。身長193センチ、体重115キロの体躯をコンタクトシーンで活かす。特に、相手ボールの密集戦での球の絡みには定評がある。

 ヤマハの本拠地が静岡・磐田市なだけに、当の本人は「僕のホームでの試合だから、楽しみ」と笑う。

「ジャパンにはいいゲームプランがある。アンストラクチャー(セットプレーを介さない攻防)からプレッシャー、プレッシャー、プレッシャー…。速いテンポで、いっぱい走る」

 ジェイミー・ジョセフ ヘッドコーチは各ポジションの役割を明確化。LOは両端15メートル線以内のエリアで身体を張らなければならない。ヘルは続ける。

「スクラムとラインアウトは大事になる。ブレイクダウンも、真ん中での僕の仕事。ジャパンのBKはクイックボールが欲しいから、そのために100パーセントの力を出す」

 アイルランド代表戦では、本来FLやNO8を務めるツイ ヘンドリックが控えのLOとしてスタンバイする。ベンチ入りを目指していた大野の一時リタイアを受けての、応急処置であろう。

 本職のLOをベンチに入れずに臨む、欧州強豪国との真剣勝負。10日のルーマニア代表戦(熊本・えがお健康スタジアム/〇33-21)から2戦続けてスターターとなる2人にとっては、いつも以上の献身が問われる一戦だ。

 蒸し暑い気候のもと、ノーサイドの瞬間まで走り切れるか。ヘルは「(LOに怪我人が増えたのは)ちょっと大変ですね。でも、頑張ります。(動き続ける自信は)あります」と意気込んでいた。

(文:向 風見也)