ここから本文です

ママが大好きリスザル赤ちゃん 来場者くぎ付け

6/16(金) 17:41配信

福井新聞ONLINE

 福井県鯖江市西山動物園のボリビアリスザルに赤ちゃんが誕生し、一般公開されている。小さな手足で母親の背中につかまる愛らしい姿が来場者の人気を集めている。

 赤ちゃんは11日朝生まれた。推定体長12センチ、体重150グラムで性別は不明。母ザルの「ハッチ」は今回が6回目の出産で、同園で飼育するボリビアリスザルは計12匹となった。

 14日は大勢の親子連れやカップルが同園を訪れ、赤ちゃんザルを見つけると「かわいい」「小さいね」と会話を弾ませていた。中嶋公志飼育員は「すくすく成長して人気者になってほしい」と温かいまなざしを送っていた。

 ボリビアリスザルは、中南米の森林に広く分布する小型のサル。全体に黄色みを帯びた体色で、口の周りや頭の毛が黒色なのが特徴。