ここから本文です

「正直これほど早く慣れるとは思わなかった」 アーセナルMFジャカが語るプレミアリーグ1年目

6/16(金) 9:20配信

theWORLD(ザ・ワールド)

トップ4落ちには不満も

昨夏ボルシアMGから3500万ポンドの移籍金でアーセナルに加入したスイス代表MFグラニト・ジャカは、シーズンを通してポジションを守ってみせた。何度か不用意なレッドカードを受けることはあったが、チームに貢献できていたと言えよう。

世界騒がすムバッペの”目標”に英紙は「アーセナルは候補から外れた」

英『METRO』によると、そのジャカが今季の戦いを振り返っている。自身でもこれほどスムーズに新たなチーム、リーグにフィットするとは想像していなかったようで、個人的には手応えを感じていることを語っている。

「今季のチームは良い時と良くない時の両方があった。僕たちは良いプレイをしてシー ズンを終えたけど、トップ4に入れなかったことは残念だね。シーズンの終わり方はタイトルを獲得するという最も良い形だったけどね。僕はここで心地よさを感じているし、正直これほど早くここに慣れるとは思わなかったよ」

「1つのアドバンテージになったのは、僕が1人ではなかったということさ。僕にはフィアンセがいてくれたからね。彼女は常に僕のサポーターとして助けてくれたし、それは僕にとって本当に大きかったよ」

ジャカは185cmとサイズもあり、ハードな守備とボールを散らすテクニックを持った選手だ。昨夏も加入した際にはアーセナルにいなかったタイプの選手と評価されており、来季も貴重な存在となるだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/