ここから本文です

「共謀罪」法の成立受け青森で抗議集会 市民ら怒りの声

6/16(金) 10:42配信

デーリー東北新聞社

 組織犯罪処罰法改正案の成立を受け、憲法を守る青森県民の会(金澤茂代表)などは15日、青森県庁前で緊急集会を開いた。法案成立に抗議する市民53人が集い、怒りの声を上げた。

 主催者あいさつで、金澤代表は「わが国の民主主義を揺るがす、文字通りの暴挙だ。私たちは今こそ怒らないといけない」と訴えた。県平和労組会議の江良實議長も「日本の民主主義がこのことで侵されてもいいのか」と主張した。

 社民県連の笹田隆志副幹事長は「共謀罪法案の成立は、今後の日本を軍国主義にするものと感じる。この暴挙を許すことなく、法案の廃止に向けた戦いを始める」と力を込めた。

 参加者は横断幕を掲げながら「現代の治安維持法は許さないぞ」「廃止するまで戦うぞ」などとシュプレヒコールを響かせた。

デーリー東北新聞社