ここから本文です

ルーツは都電? 都内を走る「赤バス」「青バス」、ルールないのに各社で見られるワケ

6/16(金) 16:50配信

乗りものニュース

赤は最終、緑は各社バラバラのナゼ?

 東京都内ではおもに夜間、車体前面や後面上部にあるLED式の行先表示を赤や緑の枠で囲んだバスが走っていることがあります。

【写真】赤枠のない「最終バス」の表示

 JR中央本線の沿線を中心に路線バスを運行する関東バス(東京都中野区)によると、「赤は最終バス、緑はその1本前を意味している」といいます。

 一方、東急バス(同・目黒区)は、「赤は最終バスですが、緑は深夜バスに使っています」とのこと。京王電鉄バス(同・府中市)も同様で、表示のルールは各社で異なるようです。

 この赤もしくは緑の枠表示は、何に由来するのでしょうか。関東バスと同じく、最終バスを赤、その1本前を緑の枠で囲む都営バスを運行する東京都交通局によると、「かつての都電の名残」とのことです。

ルーツは「赤電車」「青電車」

 都電ではかつて、終電の方向幕に赤ランプが、その1本前は緑ランプが灯されたのだそうです。

「赤ランプが灯る最終電車は『赤電車』、緑ランプが灯るその1本前は『青電車』とも呼ばれていました。その名残で、バス業界でも最終バスを『赤バス』、その1本前を『青バス』と呼ぶことがあります」(東京都交通局)。

 先述の関東バスも、「LED式ではない、方向幕を装備したバスでは、幕を赤や緑のライトで照らしていることから、私たちの職場では最終バスのことを『赤バス』と呼ぶことがあります」と話します。ただ、「いまとなってはそのルーツはわからない」そうです。

 京王電鉄バスは「現在の約款などでも決まりはなく、都電や都営バスから広まったのではないでしょうか」と話します。東急バスは「昔は法令で最終バスは表示を区別する決まりがあり、赤枠に関してはその名残です。しかし緑は決まりがなく、当社では慣習的に深夜バスの表示として使っている」といいます。

 ちなみに、赤枠も緑枠も使わず、文字で「最終バス」と表示している車両も見られます。国際興業(東京都中央区)が運行するバスで、LED式の行先表示器に「最終バス」という文字と行先が数秒おきに交互に表示されます。行先表示器が色枠を表示できないからだそうですが、「その表示をするのもバス停に停車しているときだけで、走行中は一見して通常のバスと変わりません」(国際興業)と話します。

乗りものニュース編集部