ここから本文です

まずはUCL出場権、次にリーグ制覇 高みを目指すリヴァプールにとって重要なことは?

6/16(金) 10:01配信

theWORLD(ザ・ワールド)

OBのファウラー氏が提言

リヴァプールは今シーズン4位でフィニッシュし、UEFAチャンピオンズリーグプレイオフに戦う権利を得ている。

今シーズンのリヴァプールを牽引したのは、シーズン毎に成長を遂げるフィリペ・コウチーニョだろう。また今シーズン新加入のサディオ・マネは、抜群の得点能力で瞬く間に中心選手となった。リヴァプールのOBであるロビー・ファウラー氏はこの2選手を絶賛し、選手を残すことが来シーズンを戦う上で重要だと語っている。同氏のコメントを英『FourFourTwo』が伝えた。

「リヴァプールはとても恵まれているよ。信じられないような選手が何人もいるからね。マネは際立った選手でコウチーニョと同じくらい重要な選手だ。コウチーニョは2、3シーズン素晴らしい活躍を残してきた。彼は並外れた選手だよ。ゴールも奪えるし、全てがトップレベルだ。彼を見ているのが楽しいよ。非常に重要な選手だし、クラブに留めておかなければならない」

また同氏はまずはUCL本戦の出場権を獲得するこが重要だと語っている。

「来シーズンの目標は、チャンピオンズリーグでプレイすることだ。欲を言えばリーグ制覇も狙いたい。しかし今重要なことはチャンピオンズリーグ出場の権利を得ること。リヴァプールはそこでプレイするのに相応しい。今シーズンはあまり強力なメンバーではなかったが、来シーズンは選手を補強しさらに強力になるだろう。重要なことは今いる選手をキープし、新しい選手を加えることだ」

プレイオフに勝利しなければ、プレミアリーグで4位に入った意味がない。そのためにも今夏はしっかりと準備を整え、より上の順位をを目指すためにも強力なスカッドを揃えたい。

https://www.theworldmagazine.jp

Yahoo!ニュースからのお知らせ