ここから本文です

川に男性遺体浮かぶ…外傷なし 身元など捜査、死後数日経過か/行田

6/16(金) 22:21配信

埼玉新聞

 16日午前9時10分ごろ、埼玉県行田市須加の利根川右岸の利根大堰(ぜき)取水口で、男性がうつぶせ状態で浮いて死亡しているのを水資源機構から点検委託を受けている男性会社員(58)が発見、同機構が行田署に通報した。同署で身元確認と死因を調べている。

 同署によると、男性は60~80代くらい。身長約160センチで体格は小太り。白色ベストと白色長袖シャツを着て、灰色スエットをはいていた。履物はなく、足の片方だけ靴下をはいていた。目立った外傷はなかった。発見されたのは水深約4メートルの場所で、腐敗が進み、死後数日経過しているとみられる。

最終更新:6/16(金) 22:21
埼玉新聞