ここから本文です

ラオニッチ 新コーチに複名手のノウルズを招へい「とても幸せ」<男子テニス>

6/16(金) 20:12配信

tennis365.net

ミロシュ・ラオニッチ

男子テニスで世界ランク6位のM・ラオニッチ(カナダ)は14日、自身のツイッターを更新し、M・ノウルズ(バハマ)をチームに招き入れたことを明かした。

【ラオニチ 崩れない髪型の秘密】

ラオニッチは「芝シーズンに向けて準備を開始する今週、マーク・ノウルズが私たちのチームに加わることを報告できてとても幸せだ」と綴った。

45歳のノウルズは現役時代、ダブルスの名手として活躍。ツアー55大会で優勝を飾り、ダブルスの世界ランキングで1位に上り詰めた。四大大会では、ウインブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で準優勝、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)でタイトルを獲得した。

26歳のラオニッチは2016年、元世界ランク1位のC・モヤ(スペイン)とタッグを組んでウインブルドンで四大大会初の決勝に進出し、A・マレー(英国)に敗れるも準優勝。ATPワールドツアー・ファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)は決勝トーナメント進出を果たした。

昨年末には、モヤと関係を解消して元世界ランク4位のR・クライチェック(オランダ)と契約。今季は、デルレイ・ビーチ・オープン(アメリカ/デルレイ・ビーチ、ハード、 ATP250)とTEB BNPパリバ・イスタンブール・オープン(トルコ/ イスタンブール、レッドクレー、ATP250)で準優勝を飾ったが、全仏オープンでは4回戦で敗れていた。

最後にラオニッチは「素晴らしいタッグが組めることを期待し、マークの経験と知識を楽しみたい」と期待を寄せた。

tennis365.net

最終更新:6/16(金) 20:12
tennis365.net