ここから本文です

サンダーバーズM2点灯 あすホームで前期優勝なるか/富山

6/16(金) 20:55配信

チューリップテレビ

 BCリーグの富山GRNサンダーバーズは現在西地区・首位で前期優勝までのマジックが2となっています。

 前期は残り2試合。
 優勝のカギを握るのは外国人選手です。
 富山サンダーバーズは、滋賀と石川との大事な2連戦を前に、15日、高岡市の城光寺球場で、練習を行ないました。
 現在、21勝12敗で、西地区首位を奔(はし)るサンダーバーズ。
 チーム打率と防御率はリーグトップです。
 投手陣は勝ち頭のコラレス投手が、楽天に移籍しましたが今年、新加入の外国人選手が好調です。
 ソフトバンクから移籍したバリオス投手は緩急をつけたピッチングで、ここまで4勝。
 17日の先発が予定されています。
 守護神・シレット投手は、150キロ台の速球を武器にリーグトップの11セーブをあげる活躍をみせています。
 また打線では打率が3割5分を超える1番・ペゲロ選手と4番・ジョニー選手が好調。
 特に4番・ジョニー選手は、5月に打率4割3分1厘、ホームラン5本を放ち、月間MVPにも輝く活躍でチームを牽引します。
 「土曜日は大事な試合ですけど、優勝できるようにがんばりたいです。タイムリーヒットとかホームランとかなんとかできれば頑張りたい」(ジョニー選手)

 17日ホームに迎える滋賀ユナイテッドは、今シーズンの対戦成績が2勝3敗と負け越しているだけに先発のバリオスを中心に、得点を与えず、試合を優位に進めたいところです。

 「まず、この城光寺でやる試合を、しっかり戦える準備をしっかりまずするということを、選手たちとミーティングでも言っているので、そこをしっかり作って土曜日に、まずその試合に向けてしっかりやりたいと思います」(吉岡監督)

 サンダーバーズの前期優勝がかかった滋賀とのホーム最終戦は17日午後1時から、高岡市の城光寺球場で行なわれます。

チューリップテレビ