ここから本文です

交流戦1位へ天王山、ホークスたった5球で先制 4分15秒で松田が生還、柳田タイムリーも

6/16(金) 18:34配信

西日本スポーツ

 ◆広島-ソフトバンク(16日・マツダスタジアム)

 史上初の3年連続交流戦勝率1位を目指すソフトバンクが、わずか5球で先制に成功した。2試合連続で1番に入った松田が2球目を左前に運び出塁。続く今宮が初球にバスターエンドランを決め無死一、三塁とすると、広島先発ジョンソンの暴投で松田が三塁から生還した。ここまでプレーボールから約4分15秒。広島ファンが沈黙する中、3番柳田の適時打で2点目を奪ったが、広島はその裏に丸のソロで1点を返した。交流戦は15日時点で広島が首位、1ゲーム差の2位がソフトバンク。3位以下の結果にもよるが、広島とソフトバンクは今カードが勝率1位を懸けた直接対決となる。

【写真】ホークス森の死球で陽岱鋼が激高、両軍が一触即発に

西日本スポーツ

最終更新:6/16(金) 18:37
西日本スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/25(日) 23:35