ここから本文です

高畑充希が歌う映画主題歌PV公開、向井理「心に残る歌声」

6/16(金) 15:47配信

MusicVoice

 女優・高畑充希(25)が歌う、映画『いつまた、君と 何日君再来(ホーリージュンザイライ)』(6月24日公開)の主題歌「何日君再来」のPVが15日、YouTube上に公開された。映画は、俳優・向井理が自ら企画し作品化したもので、向井の祖母・芦村朋子さんの半世紀を描く。主題歌を聴いた向井は「心に残る歌声」と絶賛している。

 原作は、向井理の祖母・芦村朋子さんの半生紀を描いたもの。衣食住もままならない戦後の混乱期に、夫・吾郎さん(向井理の祖父)と妻・朋子さんが時代の波に翻弄されながらも、日本人としての誇りを失わずに懸命に生きる姿を描く。向井自身が、7年前から映画化を熱望し企画にも携わった意欲作だ。

 主演の芦村朋子さんの役を、女優の尾野真千子、夫・吾郎さんの役を向井理が、それぞれ演じる。そして、同作の主題歌「何日君再来」を高畑が担当した。

 今回公開された「何日君再来」のPVでは、高畑のレコーディング風景が映っているほか、劇中に登場する“朋子”と“吾郎”や2人の子供達の感情豊かなシーン、不安そうな表情を浮かべ号泣する朋子の姿などを含む本編の映像が織り込まれている。

 主題歌を試聴した向井は「映画の一部であると思う程、心に残る歌声でした」と高畑の歌声を絶賛した。

 なお、同曲は21日から各音楽配信サービスで配信が開始される。

最終更新:6/16(金) 15:47
MusicVoice