ここから本文です

“奇跡の18歳”ドンナルンマはレアル移籍を熱望! 伊メディア報じる

6/16(金) 14:40配信

theWORLD(ザ・ワールド)

天才に早くも誘いが

ミランからの退団が噂される神童GKは、スペインのレアル・マドリードへと向かうかもしれない。少なくとも本人がそのように熱望しているようだ。

15日、ミランのマルコ・ファッソーネGMによって、クラブとの契約延長交渉が決裂したことを明かされた18歳のGKジャンルイジ・ドンナルンマ。残り契約期間は1年となっており、ミランがフリーでの放出を避けるには今夏の売却、もしくは来冬のマーケットで決断を下す必要がある。

そんな中、早くも2つのビッグクラブが名乗りを上げた。レアル・マドリードとパリ・サンジェルマンだ。両チーム共にハイクオリティーな守護神獲得を望んでおり、伊『Gianluca Di Marzio』は後者のフランス名門クラブがすでに巨額オファーを準備していると指摘。しかしながら、ドンナルンマはPSGよりもレアルへの加入を熱望しており、自身を育ててくれたクラブとの新契約締結を拒絶したのも白い巨人とのサインが目的だったようだ。

移籍市場に精通するジャンルカ・ディ・マルツィオ氏も「数日前にパリ・サンジェルマンから凄まじい巨額オファーが届いたが、彼はレアル・マドリードを求めている」とコメント。もしもこのままドンナルンマがミランとの契約を延長しない場合、残されるシナリオは2つだ。来夏に契約満了で“ゼロ円移籍”を敢行するか、今夏、もしくは冬にチームを去るか。GKというポジション柄、シーズン中にチーム変更を施すとは考えづらい為、ドンナルンマとその代理人ミーノ・ライオラ氏は一刻も早く今後の進路を決める必要がありそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報