ここから本文です

本田圭佑の“道徳世界一”ツイートにファンも共鳴「本田さんこそが日本の誇り」

6/16(金) 15:40配信

theWORLD(ザ・ワールド)

異国での体験を語る

日本代表MF本田圭佑が16日、自身のSNSアカウントを更新し、中国でのエピソードについて言及している。

キリンチャレンジカップとロシアW杯アジア最終予選を戦い終え、中国の上海へと赴きサッカースクールを開催していた本田。どうやら同国での会議中、日本人にとっては誇らしい褒め言葉を頂戴していたようだ。開設以降、多くの反響を呼んでいるtwitterアカウントにおいて、本田は次のようなつぶやきを投稿している。

「昨夜、上海で中国人の方との会議中に何度も日本人のことを褒めてもらいました。日本人には犠牲心や誇り、そして真心があると。他の国に行っても言われてきた事ですが改めて物凄くそれが誇らしく思えて嬉しかったです。日本の道徳は世界一です。でも期待を裏切りたくないなって危機感としても感じます」

同アカウントでは過去にミランからの退団表明や、若者の自殺問題、さらには受動喫煙に関するテーマを語るなどし、自由な発想を展開させてきた本田。今回の“道徳“ツイートに対しては、

「本田さん、あなたこそが誇りです」

「日本の最高権力者にも聞かせたい文言ですね」

「日本人として誇りに思っている本田さんが、誇りです」

「道徳といっても人それぞれ」

「これからも応援し続けます」

「誇りを胸に」

などといった反響が寄せられ、多くのファンが彼の発言に共鳴している。また、中国スーパーリーグへの参戦などが噂される同選手に対し、「まさか中国移籍ですか?」「Welcome to 上海」などと去就を気にかけるサポーターも散見。やはり本田のフットボーラーとしての決断を待ちわびているのかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp