ここから本文です

藤井四段、激戦制し26連勝

6/16(金) 12:24配信

ホウドウキョク

デビュー以来、公式戦25連勝中の中学生プロ棋士・藤井聡太四段(14)が、「名人」のタイトルを目指す初対局で勝って、連勝を「26」に伸ばした。
2016年10月にデビューして以来、公式戦25連勝中の藤井四段は、将棋界最高の格式がある「名人」を争うタイトル戦「順位戦」で、瀬川晶司五段(47)と対局した。
午前10時の対局開始から、およそ13時間、一進一退の際どい攻防が長時間続いたが、瀬川五段が持ち時間を使い果たしたことで劣勢になり、108手で藤井四段が勝った。
藤井四段は、「本当に、ここまで連勝できると思っていなかったので、自分としても驚いているという気持ちが強い」と話した。
これで、藤井四段の連勝記録は「26」となり、最多記録の「28」まで、あと2つに迫った。

最終更新:6/16(金) 12:24
ホウドウキョク

Yahoo!ニュースからのお知らせ