ここから本文です

食いしん坊女子大生、話題の「かっぱ寿司」に行ってみた

6/16(金) 19:30配信

Lmaga.jp

回転寿司チェーン「かっぱ寿司」(運営:カッパ・クリエイト)が6月13日からスタートした期間・店舗限定の「食べ放題」企画。すでにネット上でも話題となっているこの企画に、食いしん坊女子大生が参戦!「かっぱ寿司 西宮前浜店」を訪れてみました。

【写真】「食べ放題」を実食する食いしん坊女子大生と美味しそうなお寿司

回転寿司80種以上が70分間食べ放題という、この前代未聞の企画。同社の広報さんによると、「普段、かっぱ寿司を訪れない方も、このイベントをきっかけに通っていただけるようになれば」と企画したとのことだが、店内は平日にもかかわらず、スタート30分前に早くも50人以上の人だかりが!ほかのエリアでは、驚異の10時間待ちを記録した店舗もあるようだ。「お店のスタッフが追いつかないほど」(広報さん)と、うれしい悲鳴を上げている。

この「食べ放題」企画は、男性1580円、女性1380円、65歳以上980円、小学生780円(税別)で、サイドメニュー(お椀、麺類、デザートなど)も含めて70分間食べ放題になるというもの(ドリンクバー付き)。しかも、小学生未満は無料(保護者1名につき2名まで)。6月13日から7月14日の間、平日14時から17時に限定して実施されている。

さあ、実食とばかりに、14時ちょうどにチャレンジ。まずは数量限定と書かれた「とろねぎ」「寿司屋のたたき」「海鮮うま辛和え」をオーダーしようとパネルを操作。が、なんと!「たたき」は開始1分にして完売。ぐうう・・・。気を取り直して、力を入れているというまぐろメニューをチェック。通常の「まぐろ」のほか、「山かけまぐろ」「鉄火巻き」「店内仕込ねぎだくペッパーねぎまぐろ軍艦」など、まぐろは全部で9種類。うー迷う、なら全部いってみよう。だって食べ放題だもん(笑)。次々と運ばれてくるおいしいまぐろに、スタートダッシュは大成功。その勢いのまま、「ほっき貝」「焼きサーモン」「〆いわし」「大葉のせえんがわ」を制覇。お口のなかに幸せが広がっていく。

さてさて、次なる獲物は・・・とメニューを眺めていると、「サーモン」や「甘海老」、「はまち」や「煮穴子」といった定番メニューのほか、「うに」や「いくら」といった軍艦モノ、「えびチーズマヨ直火炙り」や「牛カルビにぎり」などの変わり種、さらには「茶碗蒸し」「貝の味噌汁」「とり唐揚げ」など、とにかく目移りが止まらない。せっかくなので、「ごくっ!旨あっさりラーメン」(通常は300円)と「デミマヨハンバーグ」にも手を出してみることに。ポチ。ラーメン、おいしい!お寿司続きの胃袋にじわっと旨みが広がっていくのがわかる。ふと周囲のテーブルを見ると、頼んでいる率高し。続いて、ハンバーグもパク。うまっ!キッズ用かと思いきや、マヨ&酢飯の相性いいじゃん。これはハマる大人も多いかも。

15皿ほど食べ終わったとき、ふと時間を見ると残り20分。あれも食べたい、これも食べたいと悩みつつ、ここまで3分ちょいで1皿のペース。すると隣の男性グループから「俺、30皿」「俺も30皿」という声が。いかん、ちょっとのんびりし過ぎた。「食べ放題」ってイベント性が高いから、その雰囲気に浸ってしまった。いや、それが楽しんだけどね。ひとりで来るより、家族や友だちと大勢で来た方が満喫できる。なんだろう、「食べ放題」って人と人を繋げてくれる(なんて♡)。

かつてはかわいい河童のロゴでおなじみだった「かっぱ寿司」だけど、昨年から赤と金の皿が交互に重なる新ロゴに変更になったという。広報さんによると「お皿を積み上げる楽しみをかっぱ寿司で味わっていただきたい」という思いからだそうだ。最後に食べたバニラアイスの皿を合わせて、目の前に積まれたお皿は21枚。十二分にその楽しみ、いただきました。ちなみに全種類食べたいという強者さんがいたら、不肖・食いしん坊女子大生からアドバイス。食べるより注文の早さに力を注ぐべし。麺類・揚げ物は先に行くべし。70分ってあっという間ですから(残すと相当料金の支払いに、シャリのみは30円+税)。ぜひチャレンジしてみて。

最終更新:6/16(金) 19:30
Lmaga.jp