ここから本文です

「戦慄した」藤原竜也主演「リバース」驚愕の事実の先にあった「誰も見たことがない本当の結末」とは?それぞれの決断と驚きの事件の真相とは?

6/16(金) 21:00配信

E-TALENTBANK

16日、最終話が放送されたドラマ「リバース」。

先週放送された第9話では、小笠原(武田鉄矢)が刺され、深瀬(藤原竜也)の元に脅迫メールが届く。美穂子(戸田恵梨香)のやってきたことが分かったばかりの出来事に、またもや謎が生まれた。10年前の事故現場で不審な行動をとっていた疑いのある村井(三浦貴大)は、浅見(玉森裕太)、谷原(市原隼人)ら皆の前で真相を告白した。一方、美穂子は大阪に帰ることを決意、深瀬はそれを知り気持ちを伝えに行く。そして、2人で広沢(小池徹平)のことについて話し合っていた時に、深瀬はある重大なことに気がつき…という展開を見せた。

【写真】美穂子(戸田恵梨香)の手を取る深瀬(藤原竜也)

先週の放送の最後に明かされた、広沢の死の原因とも取れるある事実は、視聴者を驚愕させ、Twitterでは「その展開は読めんかった。」「ラスト5分だけ何度みても震える」「真相がショックすぎて勉強どころでない」「ラストが衝撃すぎる」「衝撃すぎてゾクってした」「ラスト5分に戦慄した」「予想外!ってかそんな感じもあるのか!って感じ!!!」「すごい予想外の展開すぎて」という驚きの感想が殺到した。

10年前の広沢の事件の真相を追いはじめたことをきっかけに、深瀬をはじめそれぞれの人生が浮き彫りに。悪いことが次々と襲い掛かる中、改めて深瀬との絆を深めることとなった浅見、村井、谷原。また、同じく事件を追うことにより運命が変わってしまった小笠原もその一人。本当の友達として、皆は深瀬を救うことができるのか?そして、それぞれの決断と驚きの事件の真相とは?

最終話は、原作者・湊かなえお墨付きのドラマオリジナルのストーリー。現在公開されている予告動画には「誰も見たことがない本当の結末」という文字が躍っている。それぞれの犯した罪と罰。10年の時が経ち、その「罪」は赦されるのか?最後まで目が離せない展開が続きそうだ。

【最終話あらすじ】唯一の親友が死んだ原因……その想像だにしなかった事実に大きなショックを受けた深瀬(藤原竜也)。一方、真相を知らない浅見(玉森裕太)、村井(三浦貴大)、谷原(市原隼人)らは、急に音信不通になった深瀬のことを心配するが、時間が経っても連絡は取れないままだった。

そんな中、美穂子(戸田恵梨香)は、広沢(小池徹平)の事件を忘れさせないために今まで自分がしてきたことを謝るため、浅見、村井、谷原、そして谷原の妻・明日香(門脇麦)らと会うのだが……。

株式会社イータレントバンク

最終更新:6/16(金) 21:00
E-TALENTBANK