ここから本文です

米・シャンバーグ市の児童 滑川・東加積小で竹馬交流

6/16(金) 18:31配信

北日本新聞

 滑川市の国際姉妹都市、米イリノイ州シャンバーグ市の子どもたちが16日、同市東加積小学校(同市大崎野、深川善弘校長)を訪れ、同校の児童とゲームや給食などを通じて親睦を深めた。

 滑川市に生産拠点がある企業がシャンバーグ市に進出していた縁で1997年に姉妹都市提携を結んだ。東加積小は毎年、同市ドゥーリー小学校の児童と文通している。

 同校児童が東加積小を訪れるのは2013年以来で、今年は児童と保護者計17人が来日。15日に滑川市に着き、市役所を訪れた。

 16日は東加積小で歓迎集会が開かれ、全校児童65人が拍手で迎えた。竹馬やこま回し、フラフープで一緒に遊んだほか、給食や清掃といった日常の学校生活も体験。高学年は英語での自己紹介やゲームにも取り組んだ。

 一行は18日に滑川市を出発し、帰路に着く。

 両市は今年、姉妹都市提携20周年を迎え、8月には市内の中学生らでつくる派遣団がシャンバーグ市を訪れる。

北日本新聞社

最終更新:7/1(土) 20:59
北日本新聞