ここから本文です

トヨタ、可夢偉の7号車がル・マン新レコードでポール獲得。「100%のアタックができた」

6/16(金) 12:46配信

オートスポーツweb

 第85回ル・マン24時間耐久レースに3台のトヨタTS050ハイブリッドを投入しているTOYOTA GAZOO Racingは6月15日、現地時間19時から行われた予選2回目、22時からの予選3回目を終え、7号車トヨタを駆る小林可夢偉が、従来のコースレコードを約2秒上回る驚異的なタイムでポールポジションを獲得した。前日に行われた予選1回目で2番手につけた8号車は総合2番手、9号車トヨタは同5番手で予選を終えた。
 
 ル・マンの走行2日目、予選2回目を迎えた7号車トヨタの小林可夢偉は、他車のアクシデントによる赤旗中断からセッションが再開された直後を狙い、タイムアタックを開始。

 可夢偉はコースがクリアな状況のなか、ミディアムタイヤを装着したマシンで各セクターでマイナス表示をつけていく。

【画像】ミスル・マンとともに恒例の記念写真を行う小林可夢偉ら

 チームスタッフ、サーキットに訪れた人々、世界中のモータースポーツファンが見守るなか、7号車トヨタがフィニッシュラインを通過。そのタイムは3分14秒719という、これまでのレコードタイム(3分16秒877)を2.158秒も上回るものだった。

 その後、予選2回目、3回目を通してこのタイムを上回るマシンは現れず。トヨタが1999年のマーティン・ブランドル(トヨタTS020)、2014年の中嶋一貴(トヨタTS040ハイブリッド)に続く通算3回目の総合ポールポジションを獲得した。

 総合2番手に入り7号車トヨタとともにフロントロウを独占した8号車トヨタは予選2回目、セバスチャン・ブエミがアタックを開始した直後にエンジントラブルに見舞われ、スローダウン。幸い電気エネルギーを使用してピットに戻ることができたが、チームは大事をとってエンジン交換を行なった。

 その後、8号車トヨタは予選3回目の序盤に中嶋一貴が3分17秒128をマーク。予選1回目で記録した自身のベストタイムを更新している。

 3台目の9号車トヨタは国本雄資、ホセ・マリア・ロペスがル・マン初挑戦となるため予選セッションを通して、ナイトランをはじめ多くの走行を経験させた。9号車のベストタイムは、ニコラス・ラピエールの3分18秒625で、グリッドは2台のポルシェに次ぐ総合5番手。
■可夢偉「ポール獲得を誇りに思う」
「チーム全員のおかげでこの結果が得られ、本当に感謝しています」と語るのはル・マンの歴史に残るラップタイムを記録した可夢偉。

「100%のアタックができ、思い通りの速さを示せました。マシンも快調そのもので、最高のアタックラップでした」

「赤旗中断からの再開直後というタイミングも絶好で、コース上もクリアな状況であり、フルアタックできました。ポールポジションを獲得できたことは本当に誇りに思います」

「とはいえ、まだ24時間レースはスタートしていません。重要なのは決勝レースの結果であり、それこそが僕たちの目標です」

 可夢偉に次ぐ2番手タイムをマークした一貴は「時間の経過とともにコースコンディションが徐々に向上して行くのが感じられた一日でした」と走行2日目を振り返る。

「マシントラブルがあり、僕たちは満足のいく予選アタックができませんでしたが、それでも2番手グリッドを獲得、チームの最前列独占という素晴らしい結果に貢献できました」

「決勝レースへ向けたマシンのバランスには満足していますし、自信を持って決勝レースに臨めます」

 ル・マン初挑戦となる国本は「僕たちの予選はとても難しいものでした。ニコラス(・ラピエール)が頑張ってくれましたが、遅いクルマに阻まれたのが最大の問題でした」とコメント。

「しかし、自分自身の走りは、ラップを重ねるたびに良くなっていると感じています」

 また国本は「可夢偉さんとチームの快挙には心からおめでとうを言いたいと思います」とチームメイトの快挙を祝福した。

 すべての予選セッションを終えたル・マンは、16日(金)の休養日を挟み、17日(土)15時(日本時間22時)に24時間レースのスタートが切られる。

[オートスポーツweb ]