ここから本文です

F1マレーシアGPのタイヤ選択が発表。昨年より一段階ソフト寄りに

6/16(金) 17:40配信

オートスポーツweb

 F1タイヤサプライヤーのピレリが、2017年F1第15戦マレーシアGPに持ち込むコンパウンド選択を発表した。

2016年F1マレーシアGPではレッドブルのダニエル・リカルドが優勝した

 9月29日~10月1日に開催されるマレーシアGPには、レッド・スーパーソフト、イエロー・ソフト、ホワイト・ミディアムの3種類が選ばれた。

 2016年のマレーシアではソフト、ミディアム、ハードが選ばれたため、今年は一段階ソフト寄りの選択がなされたことになる。この組み合わせは、中国、バーレーン、アゼルバイジャン、イギリス、ハンガリーと同一。

 スペインで今季初めてハードコンパウンドが使用された結果、新しいハードは硬すぎるとの意見がドライバーたちから相次いだ。

 マレーシアGPの予選Q3用にキープしておかなければならないのは最もソフトなコンパウンド、つまり今回はスーパーソフト1セット。予選トップ10に入ったドライバーはこのセットをQ3後に返却、それ以外のドライバーは決勝用に保持することができる。

 また、各ドライバーはソフト1セットおよびミディアム1セットを決勝用に維持し、少なくともどちらか1セットは決勝中に使用しなければならない。

 各ドライバーに支給されるのは合計13セット。上記の指定タイヤを除く10セットについては、ドライバーごとに自由に選択することができる。   

[オートスポーツweb ]