ここから本文です

【2017年5月版】SUUMOジャーナル人気記事ランキング

6/16(金) 7:04配信

SUUMOジャーナル

SUUMOジャーナルでは「まだ見ぬ暮らしをみつけよう」をコンセプトに、住まいや暮らしに関する記事をお届けしています。5月に入って新生活が少しずつ落ち着きだした方や、晴天に恵まれたゴールデンウイークでリフレッシュできた方も多かったのではないでしょうか。そんな5月はいったいどんな記事が人気を集めたのでしょう? 2017年5月に公開したすべての記事のなかから、2017年5月1日~2017年5月31日までの間でPV数を多く獲得した記事TOP10をランキング形式で紹介します。

■一人暮らしのお金事情や、疲れが取れる家などの記事が注目を集める結果に

TOP10はこちらの記事となりました!

第1位:夫が家事と思っていない「名もなき家事」が存在。やっているのは9割が妻
第2位:一人暮らしのお金調査【前編】 家賃、水道・光熱費、通信費、いくらかかってる?
第3位:【沿線調査】「東武東上線」の好きなところ・嫌いなところと住み心地は?
第4位:五輪メダリスト・有森裕子さんに聞く、疲れが取れる家の3つの条件
第5位:一人暮らしのお金調査【後編】 毎月の平均貯蓄額は3万1700円。貯め方のコツも聞いてみた
第6位:憧れの離島移住……実際どうなの? 日本最南端の有人島・波照間島で聞いてみた
第7位:もう隣人のタバコに悩まされない!「禁煙マンション」ってどんなマンション?
第8位:賃貸管理のプロに聞く[2] 一人暮らしの女性必見!「のぞき・ストーカー・痴漢被害」を防ぐ方法とは
第9位:「オチビサン」10 周年原画展で初公開の鎌倉 アンノ邸に行ってみた!
第10位:2017年度は住宅の買い時?ファイナンシャルプランナーは金利先高感を意識

※対象記事:2017年5月1日~2017年5月31日までに公開された記事
※集計期間:2017年5月1日~2017年5月31日のPV数の多い順

■一人暮らしのお金事情についての調査記事が2本ランクイン!

第1位:夫が家事と思っていない「名もなき家事」が存在。やっているのは9割が妻

大和ハウス工業が20代から40代の共働き夫婦に家事について調査した結果、夫が家事と認識していない「名もなき家事」が存在することが分かり、その調査を解説した記事が第1位に。家庭ごとに妻と夫の家事にかけられる時間や得意分野など事情は違うはずですが、あなたの家庭の「名もなき家事」の存在を知り、夫婦での分担や認め合いができれば家庭内の家事ストレスが減っていくはず!

第2位:一人暮らしのお金調査【前編】 家賃、水道・光熱費、通信費、いくらかかってる?

「お金がない!」。一人暮らしをしていると、こうつぶやくことは多くないですか? 前後編でお届けした『一人暮らしのお金調査』の前編が2位にランクイン。みんなどうやって生活しているの!? 20代・30代の一人暮らしをしている250人の、家賃・水道光熱費・通信費がどのくらいかかっているのか、どんなふうに節約をしているのかをチェックして、充実した一人暮らしライフの参考にしましょう!

第3位:【沿線調査】「東武東上線」の好きなところ・嫌いなところと住み心地は?

各沿線に住むユーザーに住み心地を聞いた「沿線調査」の記事がランクイン。今回は池袋駅(東京)⇔寄居駅(埼玉)の間を運行する東武東上線。沿線に住む人の満足度は比較的高く、交通アクセスもよく、混雑も少なめという項目が上位に。対して嫌いなところは人身事故などによる遅延が多いことなども。「デート」「子連れ」「穴場」の3つのテーマごとの沿線のオススメのスポットも紹介されているので、東武東上線の沿線に住みたいと思っている方は必見!

第4位:五輪メダリスト・有森裕子さんに聞く、疲れが取れる家の3つの条件

2大会連続の五輪女子マラソンで銀と銅のメダルを獲得した有森裕子さん。現在は会社経営など多忙な毎日を過ごされています。そんな有森さんの心身が休まる家の条件を紹介! 疲れ知らずな日々を過ごせているという有森さんの工夫をヒントに、あなたの疲れが取れる家を考えてみませんか?

第5位:一人暮らしのお金調査【後編】 毎月の平均貯蓄額は3万1700円。貯め方のコツも聞いてみた

2位にランクインした『一人暮らしのお金調査』の後編、一人暮らしの毎月の平均貯蓄額についての記事が5位に。男女別や年収別での平均貯蓄額を調査しました! さらに金融資産額は100万円未満が一番多いのですが、1000万円以上というツワモノも14.0%いる結果に。ぜひ貯蓄の工夫なども参考にしてみてください。

■離島移住や禁煙マンション、女性の一人暮らしといった多様な住まい方の記事がランクイン!

第6位:憧れの離島移住……実際どうなの? 日本最南端の有人島・波照間島で聞いてみた

人であふれる都市で毎日働いていると、どこか遠くの南の島に移住したいっ! そう考えたことのある方も多いはず。今回は実際に離島への移住をかなえた方へのインタビュー記事が6位に。移住のきっかけや実際に移住して変わったことなどリアルな実態をお伝えします。

第7位:もう隣人のタバコに悩まされない!「禁煙マンション」ってどんなマンション?

昨今の禁煙志向の広がりも相まって、旭化成ホームズが「禁煙マンション」というユニークなマンションを展開しています。健康志向の入居者には好評のよう。契約書に「喫煙禁止」のルールを明記する徹底ぶりのマンション、隣人のタバコの煙に悩まされているという方は必見です。

第8位:賃貸管理のプロに聞く[2] 一人暮らしの女性必見!「のぞき・ストーカー・痴漢被害」を防ぐ方法とは

一人暮らしの女性必見! 過去に賃貸住宅で実際に起きた「ストーカー・痴漢被害」を参考に、賃貸管理のプロと一緒に、女性がどうやって身を守ったらよいかを解説。もしものときに備えて今からできる工夫を紹介しています。

第9位:「オチビサン」10 周年原画展で初公開の鎌倉 アンノ邸に行ってみた!

朝日新聞やAERAで連載10周年を迎えた安野モヨコさんの作品である「オチビサン」。「描いていると私自身が安らいで、描くことによって救われている」と本人が話すのも納得。その原画展が5月末に安野さんの自宅、鎌倉の「アンノ邸」で行われました。展示会に赴いた様子を紹介。原画展は終了しましたが安野さんの世界観に浸る癒やし満載の鎌倉散歩もオススメです。

第10位:2017年度は住宅の買い時?ファイナンシャルプランナーは金利先高感を意識

2017年度の住宅の買い時感などを一般消費者、住宅事業者、ファイナンシャルプランナーに聞いた調査を解説。ファイナンシャルプランナーや住宅事業者は、2017年度は、住宅はおおむね買い時、販売良好の見込みとの回答が多かった。その理由としては「金利先高感があるから」という項目が急上昇していることでした。住宅購入を検討している方は必見! 詳しい内容をチェックしましょう。

新生活スタートから少しずつ落ち着きが出てきて、周りの暮らし方にも目がいくようになってくる5月。一人暮らしのお金事情についてや、女性の一人暮らし、疲れが取れる家といった記事に注目が集まりました!
また、1位の夫婦間での家事については、家事ストレスに対する読者の方々の関心の高さが感じられます。
今回ランクインした記事などを参考に、気になるところや、手軽にできるところから、暮らしを楽しんでいきましょう! 6月もお楽しみに!

●人気記事ランキング
・【2016年版】SUUMOジャーナル人気記事ランキング
・【2017年1月版】SUUMOジャーナル人気記事ランキング
・【2017年2月版】SUUMOジャーナル人気記事ランキング
・【2017年3月版】SUUMOジャーナル人気記事ランキング
・【2017年4月版】SUUMOジャーナル人気記事ランキング
・【2017年5月版】SUUMOジャーナル人気記事ランキング

SUUMOジャーナル編集部

最終更新:6/16(金) 7:04
SUUMOジャーナル