ここから本文です

マンCスターリング、ロンドン住宅火災被害者に寄付

6/16(金) 19:23配信

日刊スポーツ

 マンチェスターCのラヒーム・スターリング(22)は、ロンドン西部で起きた住宅ビルの火災事故を受けて、遺族や関係者に寄付をしたと、16日に電子版BBCが報じた。

 スターリングは幼少期をロンドン北東部で過ごし、クイーンズパークでキャリアをスタートさせた。現時点で17人の死亡が確認されているが、今後も人数は増えていくことが予想される。「とても悲しい状況だ。人ごととは思えないし、受け入れることが難しい。できる限りのことをして、助けになりたい。僕のしていることは、小さなことかもしれないけど、みんなで力を合わせれば、小さなことが大きな変化へとつながっていく。遺族と亡くなった方に追悼の意を表します」とBBCのインタビューに応じた。

 同選手が所属していたクイーンズパークの本拠地ロフタスロードは、火災現場から1・6キロだ。

最終更新:6/16(金) 19:23
日刊スポーツ