ここから本文です

日本は“信号密度”が高い!? 日産が意外な調査結果とその解消法を提案

6/19(月) 11:45配信

carview!

日産自動車は、日本の国土に対する信号の数を示す“信号密度”が、世界的にみて高いとする調査結果結果をまとめ、その実情をもとに制作した映像を公開した。

【動画付きで見る】

映像では、公的調査資料や独自調査により算出したデータから、日本の信号機の総数や信号機が多い都道府県トップ3、都内を1時間走行した際に赤信号で停止した時間などの情報を公開している。

さらに、交通心理学を専門とする実践女子大学の松浦常夫教授による、電気自動車の走りがドライバーのストレス軽減に役立つとする報告も。

日本の信号機の数を割り出し、運転中のストレスとの相関関係を求めた調査は興味深い。この問題と、EVの加速感がストレス軽減に寄与することを関連づけた提言には賛否両論ありそうだが、ドライバーなら誰もが感じうる交通ストレス問題に目を向け、その解消法を提案しようとする姿勢は興味深い。

株式会社カービュー

最終更新:6/19(月) 11:45
carview!

Yahoo!ニュースからのお知らせ