ここから本文です

「Microsoft Office」が「Windows Store」で提供開始へ

6/16(金) 12:48配信

CNET Japan

 Microsoftは、ノートPC「Microsoft Surface Laptop」およびタブレット「Microsoft Surface Pro」をリリースしたのに続き、「Microsoft Office」を初めて「Windows Store」で提供を開始した。

 Officeは現在、新しい「Windows 10 S」を搭載しているマシンでのみ利用できる。Windows 10 Sは、Microsoftの公式アプリストアで提供されているアプリのみ、実行やインストールが可能だ。Surface LaptopはこのOSを搭載した初めてのデバイスとなる。MicrosoftはWindows 10 Sを搭載するSurface Laptopのユーザーに「Office 365 Personal」を1年間無料で利用できるサブスクリプションを提供する。

 Microsoftは、「Windows StoreにおけるOfficeのインストールおよびアップデートプロセスは、今のところプレビュー段階にある」と述べており、このプレビュー期間が終了すると、他の「Windows 10」デバイスでもWindows StoreでOfficeを購入してインストールできるようになる。Microsoftの担当者は、Officeが「2017年中にWindows Storeで購入できるようになる」と述べたが、具体的な日程は明らかにしていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

最終更新:6/16(金) 12:48
CNET Japan