ここから本文です

地下墓地で行方不明の少年2人、3日ぶりに救出 パリ

6/16(金) 13:03配信

CNN.co.jp

(CNN) パリの地下に広がる集団墓地「カタコンブ」内で道に迷い、外に出られなくなった少年2人がこのほど、3日ぶりに救出された。2人は低体温症で病院で治療を受けた。

「死の帝国」とも称されるカタコンブには約600万人の遺骨が安置されており、その歴史は1780年代後半にさかのぼる。古い地下採石場を墓地に転用したもので、トンネルの総延長は250キロ近くに達する。

AFP通信によれば少年は16歳と17歳。14日朝に救助犬を連れた捜索隊に発見された。

パリ消防当局の報道担当者は「2人を見つけることができたのは犬のおかげだ」と述べている。

カタコンブの一部区域は一般人もアクセス可能で、人気の観光スポットだ。だが大半の区域は立ち入り禁止となっており、無断侵入は法律で禁じられている。警察がトンネル内をパトロールしており、違反すると罰金が課せられる。

それにもかかわらず、不法侵入して内部を探検したり、パーティーを開いたりする「カタコンブ愛好家」なる人たちが一部に存在する。

最終更新:6/18(日) 11:27
CNN.co.jp