ここから本文です

航行中に行方不明の兵士、7日後に艦内で発見 米海軍

6/16(金) 17:52配信

CNN.co.jp

ワシントン(CNN) 米海軍は15日、航行中の巡洋艦から姿を消した乗組員が7日後に艦内で生きて発見されたと発表した。同乗組員は当初、海への転落が疑われ、大がかりな捜索活動が行われていた。

巡航ミサイル巡洋艦「シャイロー」の下士官、ピーター・ミムズ氏が行方不明となったのは8日のこと。ミムズ氏はガスタービンシステムを担当する技術兵で、シャイローは空母「ロナルド・レーガン」の空母打撃群の一員として、沖縄の約300キロ東の海上で通常任務に就いていた。

米海軍と日本の海上自衛隊および海上保安庁の救助チームがフィリピン海の1万4000平方キロに及ぶ海域を、50時間にわたって空と海から探したがミムズ氏を発見することはできなかった。捜索は11日に中止された。

一方、全長173メートルで乗組員は300人を超えるシャイロー艦内での捜索も続けられた。行方不明が伝えられてから7日後の15日、ミムズ氏は機関室で発見された。

空母打撃群のウィリアムズ司令官は「行方不明になっていた仲間を発見できたことをありがたく思うとともに、捜索に力を尽くしてくれたわが軍の水兵と日本の関係各位に感謝したい」と発言。ミムズ氏の生存については、同兵士の家族のことを考えて「安堵している」と語った。

ミムズ氏が行方不明になった状況は調査中で、回復についても詳細は明らかになっていない。ロナルド・レーガンに運ばれ、医学的検査を受ける予定だという。

最終更新:6/16(金) 17:52
CNN.co.jp