ここから本文です

【ラウェイ】浜本がKO勝ち、超過激格闘技で日本に初勝利をもたらす

6/17(土) 7:10配信

イーファイト

「バガン遺跡群震災復興支援 Lethwei in Japan 4 FRONTIER」(6月16日 東京・TDCホール)

▼第5試合 57kg契約 3分5R ※判定なし
○浜本”キャット”雄大(クロスポイント大泉) 
KO 3R 42秒 ※左ボディブロー
●ヤー・ザー(ミャンマー)

 浜本はキックボクシング&ムエタイ団体『REBELS』で活躍する27歳。前回4月の後楽園ホール大会でラウェイ初挑戦を迎え、相手を終始圧倒するも倒し切ることが出来ずに時間切れドローとなった。今大会で初勝利を目指す。

 対するザーは、2月大会でムエタイのWPMF日本スーパーバンタム級王者KOUMAと流血の死闘を繰り広げた18歳。ミャンマーとタイの国境近くの出身で、ムエタイの試合も重ねているという。

 1R、ザーはジャブと前蹴りを多用する攻め。浜本はパンチやステップのフェイントから左右ローをヒットさせ、ハイ強襲も見せる。

 2R、フック、ハイ、ロー、飛びヒザ蹴りとテンポ良く攻撃を繰り出す浜本。右フックをザーの顔面にヒットさせると、続けざまに右のフェイントから渾身の左ボディ。この一撃でザーは悶絶。腹を押さえて倒れ込んだまま動けなくなると、セコンドがタイムを要求。ルールにより、回復のために2分間のインターバルが取られる。

 試合再開後、浜本が左ミドルを叩き込むと、ザーはパンチでガンガン前に出て来る。しかし、浜本はフットワークを駆使してヒットを許さず、再び左ボディでザーの動きを止める。

 3R、手数を増して攻めて来るザーに対し、浜本は巧みにローを当ててダメージを与える。さらにザーがロープ際へ下がったところへ、またも強烈な左ボディ。ザーは再び苦悶の表情で倒れ込むと、そのまま起き上がることができず浜本のKO勝ちとなった。

 第4回大会にして日本男子勢に初勝利をもたらした浜本。試合後にマイクを握ると「ラウェイは楽しいけど超しんどい。パンチも痛いし」と話し、会場の笑いを誘う。

 さらに「今まで肝心な試合でことごとく負けてきましたが、今回こそ全身全霊で勝ちに行こうと思っていました。僕の目標は那須川天心です。でも、そこに辿り着くまでに倒さないといけない相手もたくさんいます。まずはキックのタイトルマッチをやらせて下さい」と、解説席に座るREBELSの山口元気代表にアピールした。

【フォト】浜本のボディブローがグサリと突き刺さる

最終更新:6/17(土) 7:10
イーファイト