ここから本文です

【速報】松山英樹が猛追モード!6バーディを量産して後半へ

6/17(土) 6:16配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇海外メジャー第2戦◇全米オープン 2日目(16日)◇エリンヒルズ(ウィスコンシン州)◇7845yd(パー72)

【画像】海外メジャーで大学OB会? 松山英樹もニッコリ

午後1時36分(日本時間17日午前3時36分)に82位からスタートした松山英樹は、前半アウトを終えた時点で6バーディを量産。通算4アンダーは暫定ながら10位タイに浮上してバックナインへ折り返した。通算9アンダーの首位には同組のリッキー・ファウラーらが立っている。

予選カットライン(60位タイ以上)を見据えてのティオフになった松山は、最初の1番(パー5)、続く2番と約1mに絡めて連続バーディ発進。4番でも伸ばすと、6番からの3連続バーディで一気にリーダーボードを駆け上がった。

前半組から出た小平智は「69」と伸ばし、予選通過を確実にする通算2アンダーでホールアウト。池田勇太は通算2オーバーで終えており、週末のプレーは後続の結果に委ねられている。

宮里優作は通算2アンダー(11ホール終了)、谷原秀人は通算2オーバー(12ホール終了)、今平周吾は通算4オーバー(13ホール終了)でプレー中。