ここから本文です

<水谷豊>構想40年初監督映画公開に感慨 岸部一徳「監督の方がいい」と太鼓判?

6/17(土) 13:25配信

まんたんウェブ

 俳優の水谷豊さんが17日、東京都内で行われた初監督映画「TAP -THE LAST SHOW-」の初日舞台あいさつに出席。映画は40年前から温めてきた構想を自らメガホンをとり映画化した作品で、水谷さんは主演も務めた。劇中の役と同じく“つえ”をついて登場した水谷さんは「ついにこの日がやってきたなって思います」と感慨深げで、「実は今、普通に歩けるのですが、今日一日ばかりは映画の中のキャラクターのままで過ごしたいなって」と思いを明かした。

【写真特集】すっかり大人っぽく…北乃きいのシースルードレスがセクシー!!

 舞台あいさつには北乃きいさん、六平直政さん、前田美波里さん、岸部一徳さんらも出席。岸部さんは、水谷さんの監督ぶりについて「誰もやったことがない、自分も思いつかないことを、この映画の中でやってみようという気迫が感じられた」といい、「水谷さんはいろいろと優秀な監督と出会って、いろいろなことを経験しているので、知らないうちに自分の中に入っているはずと僕は思っていた。それをどういうふうにするのかなって思っていたら、そこをなぞるということを一切しなかった」と絶賛。さらに岸部さんは「(俳優より)監督の方がいいかな」と笑うと、水谷さんはたまらず「そんなに俳優としてダメですか?」と確認し、会場を沸かせた。

 また水谷さんは監督業について「監督は“やるもの”だって思っていた。でも“やってもらう”仕事だった」と振り返ると、次回作については「すぐに『相棒』が始まるんで」と冗談めかしつつも、「もし次も夢を見られるなら、もう少し短い夢を見たい」と40年はかけないをこと約束していた。

 映画は、人生の成功と挫折を経験した初老のタップダンサーと若いタップダンサーたちが夢を追う人間ドラマを、圧巻のショーと共に描いている。天才タップダンサーの渡真二郎(水谷さん)は、30年前に大けがをして引退し、酒に溺れ自堕落な日々を送っていた。ある日、旧知の劇場主・毛利喜一郎(岸部さん)から、劇場「THE TOPS」の最後の演出を頼まれる。しぶしぶオーディションの審査に参加。そこで若いMAKOTO(清水夏生さん)のパワフルなタップの音を聞き、渡の中で止まった時間が再び動き出し……という展開。

最終更新:6/17(土) 21:11
まんたんウェブ