ここから本文です

派閥って何? 同じ党なのになぜ? 名前のつけ方、一番「強い」のは…

6/17(土) 7:00配信

withnews

 ただでさえわかりにく政治の話、中でも「派閥」は、とっつきにくいやつの代名詞です。何で派閥を作るの? どの派閥が強いの? そもそも普通の人に何か関係があるの? 謎だらけの組織「派閥」を超解説します。

【動画】1分ちょっとでわかる「派閥って何?」重鎮勢ぞろい会合の潜入映像

派閥を作る理由

 超解説するのは、日本の政界を16年間、取材してきた朝日新聞政治部の林尚行デスクです。


――政治家は何で派閥を作るんですか?
「民主主義は『しっかり話し合おうぜ』『少数派の意見にも耳を傾けようぜ』というのが前提ですが、最終的にものごとを決めるときは多数決で決めます」


――数が物言う?
 「なので、やっぱり人数が多いほど、ものごとを決める力が強いと言えます。政治の世界では『数は力』という言葉もあります。その象徴が、派閥なんです。自民党で派閥が育ったのは、戦後長い間政権の座にあって、権力争いが続いたからです」

で、普通の人に関係あるの?

――そもそも派閥って政治家じゃない普通の人にどんな関係があるんですか?
「『人間は3人集まれば派閥ができる』なんて言う人もいます。みなさんの周りでも、学校の友達、ママ友、会社の上司や同僚、サークル仲間なんかで、『□□さんは○○派だからね』なんて話をしませんか?」


――その延長が派閥?
「ボスがいて、そのボスを支える人たちがいて、そのグループの力を背に、大きな顔をしたり、肩身をせまくして過ごすしかなかったり……。実は政治の世界も私たち普通の社会も、基本的に同じなんです」

「一致結束、箱弁当」

――団結力ってやっぱり相当、強いんですか?
「『一致結束、箱弁当』という言葉があります。これは、みんなで昼に派閥の事務所に集まって、出前でとった箱弁当を食べ、『俺たちは同志なんだ』という意識を高め、結束を確認する、、、そんな、派閥ならではの行動パターンを指した言葉です」


――なんか濃いですね……
「とりわけ、鉄の結束を誇って政界に強い影響力を及ぼした、田中角栄さんの流れをくむ『田中派』、今は額賀派(正式名称は「平成研究会」)って言うんですが、ここの派閥に属する人たちの結束ぶりを表す言葉として、永田町でよく使われてきた言葉なんです」


――結束ってどうやって固めるんですか?
「ひとつは『敵』の存在です。自民党という政党にとっては、民進党だったり共産党だったり、政党が敵ですが、派閥にとっては他の派閥が敵と言えます。だから、他の派閥をいじめたり、、、いや、いい言葉で言えば、派閥同士で切磋琢磨して、グループの結束を強めようとすることもありますね」

1/3ページ

最終更新:6/17(土) 7:00
withnews