ここから本文です

ビジネスパーソン必読 17年上半期ランキング「ビジネス・経済」で売れた20冊

6/17(土) 8:10配信

ZUU online

Amazonが2017年上半期に最も売れた書籍ランキングを発表した。ビジネスカテゴリで最も売れた書籍は何だったのか。気になるランキングを見てみよう(文中敬称略、価格は紙版、税込み)。

■「ビジネス・経済」で売れた本11~20位 

20位 『バブル:日本迷走の原点』(永野健二、新潮社、1836円)
19位 『USJを劇的に変えたたった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門』(森岡毅、KADOKAWA/角川書店、1512円)
18位 『デービッド・アトキンソン 新・所得倍増論』(デービッド・アトキンソン、東洋経済新報社、1620円)
17位 『まんがでわかる7つの習慣』(フランクリン・コヴィー・ジャパン監修、宝島社、1080円)
16位 『小さな会社の稼ぐ技術』(野克己著、竹田陽一監修、日経BP社 1728円)
15位 『キリンビール高知支店の奇跡 勝利の法則は現場で拾え!』(田村潤、講談社、842円)
14位 『成功している人は、なぜ神社に行くのか?』(八木龍平、サンマーク出版、1620円)
13位 『入社1年目の教科書』(岩瀬大輔、ダイヤモンド社、1543円)
12位 『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』(山崎元、大崎弘祐、文響社、1490円)
11位 『まんがでわかる伝え方が9割』(佐々木圭一著、星井博文シナリオ、大舞キリコ作画、ダイヤモンド社、1296円)

■「ビジネス・経済」で売れている本ベスト10

●10位 『伝え方が9割』
(佐々木圭一、ダイヤモンド社、1512円)

同じ内容なのに伝え方次第で結果が変わる。そんな経験はないだろうか。この本は著者が膨大な時間と試行錯誤の結果導き出した伝え方についてのシンプルな技術を紹介。誰でも効率よく自分が伝えたいことを魅力的な言葉で伝えられるようになる。

●9位 『人を動かす 文庫版』
(D・カーネギー、山口博、創元社、702円)

1936年初版、500万部を超える公式版『人を動かす 新装版』から本編30章を集約した文庫エッセンシャル版。あらゆる自己啓発書の原点となった不朽の名著。人が生きていく上で身に着けるべき「人間関係の原則」を説得的に説く。手元において読み返したい一冊。

●8位 『「学力」の経済学』
(中室牧子、ディスカヴァー・トゥエンティワン、1728円)

テレビで「日本国民全員が一冊持つべき」と紹介され教育書として異例の30万部を突破した話題の一冊。「ゲームは子供に悪影響?」「子供はほめて育てるべき?」など今まで個人の経験や思い込みで語られてきた教育の効果を科学的根拠に基づいて解明する画期的な一冊。

●7位 『はじめての人のための3000円投資生活』
(横山光昭、アスコム、1188円)

新聞や雑誌で紹介され大反響の一冊。1000万円以上貯めた人が続出。投資経験がゼロでも、貯金がなくても誰でも簡単に始められてお金がしっかり増えていく方法を話題の家計再生コンサルタントが提案する。貯金+投資で目の前のピンチと将来の不安に備える3000円投資生活で人生を変えるお金の増やし方を紹介する。

●6位 『鬼速PDCA』
(冨田和成、クロスメディア・パブリッシング、1598円)

ビジネスパーソンなら誰もが知る古典的なフレームワーク、PDCAサイクル。しかしわかっているつもりでわかっていない、基本と言われているのに実践している人が少ないフレームワークでもある。PDCAを極め、「鬼速」で回せるようになると仕事に迷いがなくなり、常に成果をあげられる。野村證券で最年少記録を出し続けた我流フレームワークを紹介する。

●5位 『HIGH OUTPUT MANAGEMENT 人を育て、成果を最大にするマネジメント』
(アンドリュー・S・グローブ、日経BP社、1944円)

インテル元CEOの著者が後進の起業家や経営者に向けて書き下ろし、シリコンバレーのトップ経営者らに読み継がれている不朽の名著。アウトプットを最大化するための仕事の基本原理とは、ミーティングはどう進めるべきかなど実践的で役に立つアドバイスが満載だ。
●4位 『サピエンス全史(下)文明の構造と人類の幸福』
(ユヴァル・ノア・ハラリ、河出書房新社、2052円)

なぜ人類だけが文明を手にし、地球を支配するまでに至ったのか。ホモ・サピエンスの過去、現在、未来を俯瞰するかつてないスケールの大著の邦訳。ヘブライ大学の歴史の講義を下敷きに世界48か国で翻訳されている大ベストセラー。下巻は、文明は人類を幸福にしたのか、帝国、科学、資本がもたらした近代について、さらに現代世界の矛盾に鋭く切り込んでいる。

●3位 『生産性 マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの』
(伊賀泰代、ダイヤモンド社、1728円)

「成長とは生産性が上がること」であり、生産性はイノベーションの源泉であり画期的なビジネスモデルを生み出す鍵でもある。マッキンゼーの元人材育成マネージャーの著者が、組織と人材の生産性を上げる方法を紹介する。

●2位 『LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略』
(リンダ・グラットン、東洋経済新報社、1944円)

著者は人材論、組織論の世界的権威であるビジネス思想家。誰もが100年生きる時代が来ている。働き方、学び方、結婚、子育てのすべてが変わる長寿社会を楽しむためのバイブル。お金偏重の人生を根底から変える新しい生き方を提案し、発売から半年で15万部と突破した話題作。

●1位 『サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福』
(ユヴァル・ノア・ハラリ、河出書房新社、2052円)
ホモ・サピエンスの歴史を俯瞰することで、なぜわれわれがこのような世界に生きているのか、現代世界を鋭くえぐる世界的ベストセラー。「ホモ・サピエンスが今の繁栄を築いたのは妄想力のおかげ」「農業は史上最大の詐欺」など奇をてらった主張が重いテーマを読み解く糸口となっている。

■今読むべき本を読む

売れている本のランキングを見ると、今読まれるべき本がわかる。最も売れている本は一見ビジネスとは関係のないように思える『サピエンス全史』だった。しかしこれは歴史に対する理解が深まる画期的な大著であり、人類の可能性を見つめる一冊である。ビル・ゲイツ、マーク・ザッカーバーグ両氏が推薦しておりこれから「超ホモ・サピエンス時代」を生きる若者が読むべき本といえよう。(ZUU online編集部)

最終更新:6/17(土) 8:10
ZUU online