ここから本文です

AirPods以外の1万円台ワイヤレスイヤフォンなら「Aria One」がおススメ

6/17(土) 12:00配信

アスキー

同価格帯では頭一つ抜けた音質です。
 もっと早く試しておけば良かった、というのが正直なところ。fFLAT5という新興ブランドの「Aria One」というトゥルーワイヤレスイヤフォンは、同種のイヤフォンとしてはなかなかの高性能だった。
 
 しかも、値段もこなれている。e☆イヤホンでは、1万5984円とあのAirPodsよりほんのちょっとだけ安いという、実に絶妙な価格を付けている。
 

 現状のトゥルーワイアレスイヤフォンは、まず「音が途切れにくく、定位が揺れない」というあたりが最初の評価項目になる。普通のイヤフォンなら定位が頻繁に動くようなものは大問題だが、まだそれを容認しなければ製品として成り立たない。
 
 が、そうした当たり前の性能をひとまずクリアした上で、音質についても語れる製品がAria Oneなのだ。再生能力が高くて値段もそこそこで、AirPods以外のイヤフォンが欲しいのなら、まず最初の候補に入るのではないか。
 
振動板に古河電工のMCPET採用
 fFLAT5は香港に本拠を置くSanwa Global Limitedのオーディオブランドで、日本国内では東祥インターナショナルが扱っている。現在発売中のAria One、Aria Twoは、古河電気工業の開発した超微細発泡光反射板「MCPET」を、ドライバーユニットの振動板として使っている。
 
 MCPETはポリカーボネートを10μm以下の気泡で発泡させたシートで、当初は食品用トレイとしての利用を期待していたらしい。が、光学特性の優秀さに注目され、現在は主にLED照明や液晶バックライトの反射板に利用されている。
 
 そして最近になって、剛性が高く軽量という特徴から、スピーカーユニットの振動板にも利用される範囲を広げてきた。そのひとつが今回のAria Oneであり、ボイスコイルの線材も含めて古河電工の製品であることがパッケージの裏にも書かれている。
 
 もともとオーディオ用の素材として開発されたわけではなかったという例で言えば、エグレッタ「TS1000F」のツイーターに使われているポリマー・クレイ・コンポジットがある。
 
 この素材は住友精化と産総研の共同開発により開発され、耐熱性の高いシーリング材として使われることを期待された。だが、ハイルドライバー方式のツイーターに振動板として使ってみたら、可聴域を超えた領域でも安定した特性を持つユニットができあがってしまったのだ。
 
 果たして古河電工のMCPETはどうなのか。
 
すっぴんに近いフラットなバランス
 Aria Oneに搭載されているドライバーは、口径9mmのダイナミック型。ドライバーとしてのスペックは、再生周波数帯域20Hz-18kHz、インピーダンス16Ω、最大入力20mW、音圧感度99dB。パッケージに描かれたイラストを見る限り、機構的にもごく当たり前のもののようだ。
 
 このドライバーの特性が、最終的なイヤフォンの性能にどの程度寄与しているのかは、Bluetoothのチップセットも含め、同じ筐体で比べてみない限りわからない。が、誰が聴いても違和感を持たない、癖のないバランスのイヤフォンとして成立しているように思えた。
 
 可聴限界に近い低い帯域から高域端まで、減衰の仕方が自然で、妙なピークやディップが入っていないという点で申し分ない。これと言ってわかりやすい特徴がないので、刺激の強いチューニングに慣れたリスナーには大したことがないと言われそうだが、低域に寄りがちなこの価格帯の製品の中で、このすっぴんに近いフラットなバランスは珍しい。特に中音域の解像感からくるエア感ある再生音は、このタイプのイヤフォンの中では一つ頭抜けている。
 
45分充電で4時間の長時間再生
 音の話が先になってしまったが、トゥルーワイヤレスイヤフォンとしてのパッケージもよくできている。Bluetooth 4.0に対応し、音声コーデックはaptXにも対応。噴水流に耐えるIPX5の防水性能を持ち、マイク内蔵でヘッドセットとしても機能する。
 
 バッテリー内蔵の充電ケース、充電用USBケーブル、充電ケースを収納するポーチ、標準のシリコン製イヤーチップ(SML)、コンプライ製イヤーチップ(SML)、フィン型スタビライザー(SML)。そして日本語も含む丁寧に書かれた取扱説明書と、付属品も充実している。
 
 バッテリー内蔵の充電ケースは41.1g(実測値)と軽く、ピルケースのようで扱いやすい。磁力で吸着させるタイプだが、その磁力もクレードル側の形状も適切で、取り出しも容易だ。
 
 ケースの内蔵バッテリーはフル充電までに2時間。それでイヤフォン本体を3回充電できる。イヤフォン本体の充電には45分かかるが、連続再生最長4時間と待受100時間というスペックで、2~3時間しか持たないほかの製品に比べると、充電サイクルは長い。ちなみにケースとイヤフォンは、USBケーブルを接続しておけば、同時に充電できる。
 
 しかし、バッテリーが長持ちするということは、大きな容量のバッテリーを積んでいるということ。これが装着性に影響する。
 
フェージング動画の音声ズレ問題なし
 ほかに比べて大きめのエンクロージャーは、角が耳に当たりがちで、ゴロゴロと寝転がって使うのには向いていない。そして片側7g(実測値)と、小型軽量をうたう4g台の製品と比べれば重い。これは充電用ケースに吸着させるための磁石が、イヤフォン側にも付いているせいもあるだろう。
 
 そこで装着安定性向上のため、フィン型のスタビライザーが付いてくるのだが、これは防水性能を活かしてスポーツに使うためのもので、激しい動きをしないのであれば、必要ではない。むしろスタビライザーを着けることでイヤーピースが耳から浮いてしまい、低域や高域の不足を感じることもある。スタビライザー、イヤーピースともにサイズの選択を慎重にするか、あるいはコンプライのイヤーピースで装着安定性を確保する手もある。
 
 そして、見ておわかりのとおり、左右で色が違う。抵抗を感じる方もいらっしゃるかもしれないが、ペアリングするまで右か左かわからないような製品もある中で、これはわかりやすくていい。白が右チャンネルで、再生装置と直接接続するプライマリー側。一度ペアリングを済ませれば自動接続するので、この点でも後発の安価な製品より優秀だ。
 
 トゥルーワイヤレスイヤフォンでは問題になるフェージングも感じない。音のドロップも最小限だ。音声遅延はあるのでゲームには向かないが、動画再生時の映像と音声ズレはわずか。演者の動きとテンポのズレが目立ちやすいミュージックビデオでも無視できる程度だ。
 
 同じ価格帯のAirPodsと比べた場合はやはり大きさとデザインが問題になるだろうが、Aria Oneが有利なのは、密閉カナル型ゆえに遮音性が高いこと。音の面でも、若干EQで作った感じがあるAirPodsに比べると自然でいい。
 
 2016年に発売された機種としては、総じて高いレベルでまとまっていて驚いた。fFLAT5は、すでに次世代機種「Aria Two」も発売しているので、これも近いうちにぜひ試してみたい。
 
 
著者紹介――四本 淑三(よつもと としみ)
 
 1963年生れ。フリーライター。武蔵野美術大学デザイン情報学科特別講師。新しい音楽は新しい技術が連れてくるという信条のもと、テクノロジーと音楽の関係をフォロー。趣味は自転車とウクレレとエスプレッソ
 
文● 四本淑三

最終更新:6/24(土) 12:10
アスキー