ここから本文です

キャセイ、ハマスタで香港PR CA、始球式に登場

6/17(土) 14:54配信

Aviation Wire

 キャセイパシフィック航空(CPA/CX)とDeNAトラベル、香港政府観光局の3者は6月16日、横浜スタジアムでのプロ野球交流戦・横浜DeNAベイスターズ対オリックス・バファローズ戦で、香港旅行のピーアール活動を展開した。キャセイの客室乗務員が始球式に参加し、勝利したベイスターズの選手に香港へのビジネス往復航空券をプレゼントした。

【始球式で投球するキャセイパシフィック航空CA】

 試合は「キャセイパシフィック航空香港ナイター」として開催。来場者にはうちわとクリアファイルをプレゼントした。試合前と試合中のバックスクリーンに広告を掲出し、来場者にアピールした。

 試合前には、客室乗務員の北道綾さんと古賀敦子さんが、ベイスターズの山下幸輝選手とバファローズの大城滉二選手に花束を渡した。プレイボール直前の始球式では、北道さんが始球式に登場。投球はワンバウンドし、捕手のミットに届いた。

 普段は香港をベースにしている北道さんは、日本に帰国時に父親を相手に練習を重ねた。3日間で4回ほど練習したという。初めてマウンドに立った北道さんは「緊張した」と振り返った。

 横浜から羽田空港へは、電車やバスなどで簡単にアクセスできる。また、羽田から香港へはおよそ4時間で到着する。北道さんと古賀さんは、「香港でも本場の中華料理を楽しんで」とピーアールした。

 試合は3対3の同点で迎えた8回ウラ、2アウトと追い込まれたベイスターズが、4番・筒香(つつごう)嘉智選手のレフトフェンス直撃の二塁打、5番・宮崎敏郎選手の敬遠気味の四球で1・2塁とし、6番・戸柱恭孝選手のライトスタンドへの3号3点本塁打で勝ち越し。6対3で勝利した。

 試合終了後のヒーローインタビュー時に、北道さんと古賀さんが戸柱選手にMVP賞として、ビジネス往復航空券をプレゼントした。

 当日は満員に近い2万8917人が観戦。サラリーマンや女性客などがビールを飲みながら試合を楽しんだ。

※宮崎選手の「崎」のつくり部分、「大」が「立」

Yusuke KOHASE

最終更新:6/17(土) 19:19
Aviation Wire

Yahoo!ニュースからのお知らせ