ここから本文です

【速報】松山英樹が猛チャージ!「65」で首位に迫る

6/17(土) 8:56配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇海外メジャー第2戦◇全米オープン 2日目(16日)◇エリンヒルズ(ウィスコンシン州)◇7845yd(パー72)

【画像】あわや大惨事・・・コース近郊に飛行船が墜落

82位から2日目をスタートした松山英樹が7バーディ、ノーボギーの「65」をマーク。海外メジャーの18ホール最少ストローク「63」には2打届かなかったものの、通算5アンダーは終了時点で暫定8位タイに浮上し、首位の背中が見える位置で2年ぶりの決勝ラウンドに突入する。通算7アンダーの首位に、ホールアウトしたポール・ケーシー(イングランド)ら4人が並んでいる。

この日の「65」は、海外メジャー自己ベストスコアを1打更新。それまでは2015年「全英オープン」第2ラウンドにマークした「66」だった。

日本勢は、松山を含む6人全員がホールアウト。上位60位の予選カットラインは通算1オーバーが見込まれており、通算2アンダーで終えた小平智と宮里優作は決勝ラウンド進出を確実にした。

一方、池田勇太は通算2オーバー、谷原秀人は通算4オーバー、今平周吾は通算5オーバーでホールアウト。週末のプレーの行方は後続の結果に委ねられている。