ここから本文です

70種2万株咲き競う 太閤山ランドであじさい祭り

6/17(土) 9:41配信

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 「2017あじさい祭りin太閤山ランド」が16日、射水市黒河(小杉)の県民公園太閤山ランドで始まり、大勢の来園者が70品種2万株のアジサイが咲き競う情趣に浸った。25日まで。

 「あじさい通り」の両側500メートルにわたって植えられ、全体では五分咲き。県こどもみらい館の裏手などで見頃を迎えている。華やかに手まりのような形で咲くセイヨウアジサイ、花びらが周囲に平たく広がる日本自生のガクアジサイをはじめ、「幻のアジサイ」と呼ばれる和品種の七段花(しちだんか)も見られる。

 同じ木の花色が青やピンクに変化し、さまざまな表情を楽しめる。富山市の自営業の男性(57)は母(84)を誘って訪れ「色合いがとてもきれい」と記念撮影していた。

 新企画として会期中の金、土曜に通りをライトアップし午後9時まで開園。「姫小町」など10種の新品種展示や押し花作品展、写真コンテストがあり、週末は飲食・物販コーナーが並ぶ。17、18の両日は茶会やクラフト教室、24、25の両日は琴演奏会などが行われる。北日本新聞社後援。問い合わせは同ランド、電話0766(56)6116。