ここから本文です

松山、パットの名手・カブレラベロに助言仰ぐ/全米OP

6/17(土) 7:00配信

サンケイスポーツ

 全米オープン第1日(15日、米ウィスコンシン州エリン、エリンヒルズGC=7845ヤード、パー72)松山英樹(25)=LEXUS=は初日、1イーグル、4ボギーの2オーバー74と振るわず82位と出遅れ、同組のリッキー・ファウラー(28)=米国=が7アンダー65をマークし首位に立った

 松山はホールアウト後、食事もとらずに練習グリーンに向かうと2時間近く集中。ラファエル・カブレラベロ(33)=スペイン=に助言を仰いだ。

 パッティングでいかにストロークを稼いだかを示す米ツアーの「ストロークゲインドパッティング(SGP)」で、松山が181位に対し、カブレラベロは4位。カブレラベロは「彼はファンタスティックプレーヤーでナイスガイだ。彼に聞かれたので話をした」。多くは明かさなかったが、松山は弱点克服のためアドバイスをもらっていた。