ここから本文です

AKB総選挙、中止でも「逆に奇跡」の理由 ファンが見つけた伝説 「いっそのこと一緒に笑ってほしい」

6/17(土) 7:00配信

withnews

 大雨によって、開票イベントとコンサートが中止になったAKB総選挙。沖縄に前乗りして構えていたファンは「別に悲観してたり、怒ってたりしていないです」と語りました。モノからコトへ。リアルイベントの価値が注目される中、「伝説に立ち会う」ことを求めた10年来の熱烈なファンの「奇跡の日々」について聞きました。

【写真】「私のことを嫌いでも、AKBのことは…」第3回総選挙、伝説の挨拶をする前田敦子さん

「絶対に神イベントになると思った」

「奇跡の日々」について語ってくれたのは、IT会社に勤める、みよしこういちさんです。みよしさんは、土曜日のイベントに備え、木曜日に沖縄入りしました。


――なぜ沖縄へ

「絶対に神イベントになると思ったからです。梅雨の時期と知って、雨くらいいいというか、逆に奇跡ある!って期待してました」

「僕3年前の総選挙に行ってて、その時、雨だったんですよ。でも、その雨のおかげで伝説的な総選挙になったと思ってたんで。『運営、まじチャレンジ!』って思ってました」

「中止を聞いた後も1日、楽しかったです」

――応援しているメンバー、推しメンは?

「まゆゆ(渡辺麻友さん)です。でも、僕の推しは大体卒業しちゃったし、さや姉(山本彩さん)も出てないし…なので、そんな誰かを推しにきてないです。伝説見に来たかっただけです」


――イベント中止を知った時のお気持ちは?

「金曜日の朝、友だちからLINEで『ちゅうし?』っていう5文字だけきて。ググったら(検索したら)ネットのニュースに上がってて知りました」

「『梅雨にやること自体間違ってる』とかいろいろ言われてるんですが、前乗りして沖縄に来てる人たちは、別に悲観してたり、運営に対してそんなに怒ってたりしないと思うんですよ」

「そんなんするんだったら前乗りとかしないです。『あっちゃー中止かぁ。さて、どうしようこの場面。これは奇跡だ』ってわりとポジティブに考えてる人多いんじゃないかと思います。実際、僕も中止を聞いた後のイベント前日の1日は楽しかったですし。それにいまさら梅雨のこと言われても、悲しいのは僕たちなので、いっそのこと一緒に笑ってほしいですね!」

1/2ページ

最終更新:6/17(土) 22:52
withnews