ここから本文です

〔米株式〕NYダウ、最高値更新=エネルギー株がけん引(16日)☆差替

6/17(土) 6:00配信

時事通信

 【ニューヨーク時事】週末16日のニューヨーク株式相場は、エネルギー株が買われて小反発した。優良株で構成するダウ工業株30種平均の終値は前日比24.38ドル高の2万1384.28ドルと、2日ぶりに史上最高値を更新。ハイテク株中心のナスダック総合指数は13.74ポイント安の6151.76で引けた。
 ニューヨーク証券取引所の出来高は前日比14億3859万株増の22億6739万株。
 米インターネット通販最大手アマゾン・ドット・コムはこの日、米自然食品スーパー大手ホールフーズ・マーケットを137億ドル(約1兆5000億円)で買収すると発表。アマゾンのさらなる攻勢で業績が悪化するとの懸念から、ウォルマート・ストアーズなど実店舗型の小売り株に売りが集まった。
 一方、前日の清算値が7カ月ぶりの安値を付けていた米原油先物相場が反発。エクソンモービルなどのエネルギー株が安心感から買われ、全体相場を押し上げた。
 個別銘柄(暫定値)では、アマゾンが2.4%高となったほか、ホールフーズが29.1%高と急伸。一方、小売り株のウォルマートは4.7%安、クローガーは9.2%安、ターゲットは5.1%安と大きく下げた。けん引役のエネルギー株は、エクソンモービルとシェブロンがそれぞれ1.5%高、1.9%高。他のダウ銘柄では、ナイキが3.4%安、アップルが1.4%安、キャタピラーが1.1%高となった。

最終更新:6/17(土) 8:26
時事通信