ここから本文です

可夢偉、ルマンPP!一貴も2位でトヨタ勢フロントロー独占/自動車

6/17(土) 7:00配信

サンケイスポーツ

 世界耐久選手権(WEC)第3戦第85回ルマン24時間予選2・3回目(15日=日本時間16日、フランス・ルマン、サルテサーキット=1周13・629キロ)3台で臨むトヨタはコンウェイ/小林可夢偉/サラザン組のTS050ハイブリッド7号車が、3分14秒791でポールポジション(PP)を獲得。中嶋一貴組の8号車は2位、国本雄資組の9号車は5位で、日本時間17日午後10時開始の決勝に向けてトヨタがフロントローを占めた。3連覇を目指すポルシェ・919ハイブリッド勢は3、4位だった。

 可夢偉は予選2回目にコースが空いた好機を生かし、コース記録を2秒096更新。3回目で最速の一貴にも2秒以上の差をつけ、日本選手として2014年の一貴以来2度目、トヨタは3年ぶり3度目のPPとした。

 トヨタは昨年、決勝で首位を快走していた一貴の車が終了3分前に止まり、初優勝を逃した。可夢偉は「24時間走り切って最後に1番でいなければ」。先日、インディ500で優勝した佐藤琢磨に続く偉業に意欲をみせた。