ここから本文です

(てんでんこ)皇室と震災:19 汗だく

6/17(土) 7:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 ■「忘れられた被災地」を気にかけ、心臓手術後も住民と向き合う。
 2011年3月12日未明、長野県栄村が震度6強の揺れに襲われた。長野県北部地震だ。住宅約200棟が全半壊する甚大な被害が出たが、東日本大震災の翌日だったために注目されずにいた。この「忘れられた被災地」を気にかけ、一日も早い現地訪問を望んだのが、天皇、皇后両陛下だった。
 「(東日本)大震災の翌日である3月12日には、長野県栄村でもほぼ東北と同規模の地震があり」(同年10月、皇后さまの誕生日にあたっての文書回答)、「更に後日この地震に誘発された地震が長野県の栄村を始めとして各地で起こり、犠牲者が出たところもありました」(同年12月、天皇陛下の誕生日にあたっての宮内記者会に寄せた文書)
 自身の誕生日の節目に、両陛下はそれぞれ栄村の名前を挙げた。……本文:1,864文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社