ここから本文です

本田圭佑が考える成功哲学…モットーは「上手く行かない時ほどビッグマウスに」

6/17(土) 14:07配信

GOAL

日本代表FW本田圭佑が16日、「スーパーグローバル大学創成支援事業」の取り組みの一環として金沢大学を訪れ、学生に向けて特別講演を実施した。

本田は成功を収めるために、対照的な「失敗」という言葉を用いながら説明する。本田にとって失敗した後、どのように処理するかが最も重要な要素のようだ。

「僕はよく自分のサッカースクールのコーチ達にも言うんですけど、失敗は自慢ができると。失敗した人ほど格好良いと。失敗してない人に魅力はない。なので、僕が今話していることって後付けなんですね。要は僕が勝手にそういう風に決めてる訳です。それで僕は幸せになっている訳です」

続けて、「上手くいく時はいいです。でも大事なのは上手くいっている時に驕らないこと」と語り、独自の考え方を明かす。

「モットーにしてるのは、上手くいかない時ほどビッグマウスに。上手くいってる時ほど謙虚に。僕は弱いんで、上手くいってる時は何とかコントロールしないと調子に乗ってしまう。だからもう1人の自分がそれを抑える役目を果たす。上手くいかない時は傷付いてしまってると。自信を失ってると。その時にもう1人の自分が自分自身に自信を与えてあげる」

さらに若者に向けて、人生をアドバイスする本田は“らしい”言葉で続ける。

「成功にとらわれるんではなくて成長にとらわれろと。そうする事で、皆さんの普段の考えや行動がよりチャレンジングで後悔をしないような格好良い人生を歩む事ができるんじゃないかなと思います」

GOAL

最終更新:6/17(土) 14:07
GOAL