ここから本文です

総合ランキングに「Galaxy S8+」「Galaxy S8」がそろって初登場

6/17(土) 6:40配信

ITmedia Mobile

 総合ランキングトップは6週ぶりにソフトバンク「iPhone 7(128GB)」が、auの「iPhone 7(128GB)」から奪還。3位と4位は動かないが、5位にNTTドコモの夏モデル「Galaxy S8+ SC-03J」、8位にもドコモ「Galaxy S8 SC-02J」が発売即トップ10入りした。7位のNTTドコモ「arrows Be F-05J」も、総合ランキングでは初登場だ。
 ドコモのランキングは、1位は「iPhone 7(128GB)」で変わらないものの、前回に続いて夏モデルの発売で2位以下は大きく動いた。初登場は、2位のサムスン電子製「Galaxy S8+ SC-03J」と4位の同じく「Galaxy S8 SC-02J」だ。前回4位初登場の「arrows Be F-05J」は1つ上げて3位に入った。前々回登場の「Xperia XZs SO-03J」はこれら新顔に押されて5位に後退した。
 KDD(au)ランキングにも、サムスン電子製Androidスマホ「Galaxy S8+ SCV35」(4位)と「Galaxy S8 SCV36」(6位)が初登場。ただし前々回初登場のソニーモバイル「Xperia XZs SOV35」は3位の座を守っている。
 ソフトバンクのランキングは、1位から7位まで前回と同じ並びということもあって動きは少なく、8位から10位も順序が入れ替わっただけだ。夏モデルのソニーモバイル製「Xperia XZs 」は前回と同じ7位にとどまった。前モデルの「Xperia XZ」も3位に上がったままだ。
※この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。

【「arrows BE F-05J」もランクイン】

最終更新:6/17(土) 6:40
ITmedia Mobile