ここから本文です

朦朧運転の堤下敦 じんましんは仕事減による不眠が原因か

6/17(土) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 お笑いコンビ、インパルスの堤下敦(39)が14日未明、東京・狛江市の路上で警察の事情聴取を受けた件で、翌15日夕方、所属の吉本興業で謝罪会見を開いた。当日は、銭湯でサウナ上がりの牛乳と一緒に、抗アレルギー剤と睡眠導入剤の3種を服用。「睡眠薬が作用するまでの時間を誤った。認識が甘かった」と謝罪。

 睡眠導入剤以外の成分は検出されず、事故に至らなかったため刑事罰は免れ、仕事は通常通り、出演中のドラマ「人は見た目が100パーセント」(フジテレビ系)も予定通り放映した。第一報を聞いた、オモロー山下改め、女性自身の山下記者は「よしもとのタイガー・ウッズ」とネーミングしていたが、今回の事件で堤下のメンタル面を心配する声がますます高まっている。

 以前から堤下は全身じんましんに悩まされており、自身のSNSでは「かゆい」を連呼。今回もじんましんが原因かと思われたが、どうもそうではないらしい。

 1年後輩の平成ノブシコブシ・吉村崇(36)は15日に出演した情報番組で、堤下が以前から睡眠導入剤を服用していたこと、堤下が意外とメンタルが弱いと明かした。すみれ皮膚科クリニック(東京・小岩)院長の藤田伸弘医師はこういう。

「服用したお薬から察すると“じんましん”よりも“不眠”に注力した処方のように見受けられます。かゆみに対して処方されているアレジオンは比較的眠気のない薬です。かゆみが強い場合でも、皮膚科医なら眠くならない抗アレルギー剤を複数処方したり、塗り薬を追加で処方するのが一般的。睡眠導入剤を2種処方しているということは、不眠のために相乗効果を期待していたと考えられます。また、不眠がストレスになり、じんましんを誘引している可能性もあり得ます」

「はねるのトびら」(フジテレビ系)でブレークした10年ほど前にはJJモデルの土岐田麗子(33)との交際も報じられ、公私ともに華やかだったが、最近はテレビ出演が激減。相方の板倉俊之(39)がピンで活動し、解散説も浮上していた。本家タイガー・ウッズではないが、仕事の悩みが不眠の引き金になっている可能性は高そうだ。