ここから本文です

片岡大育は20位に後退 亀代順哉は35位で最終日へ

6/17(土) 18:49配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇アジアン◇クイーンズカップ 3日目(17日)◇サンティブリ サムイCC(タイ)◇パー71

【画像】伊能キャディと息ぴったりの片岡大育

首位と3打差の9位タイから出た片岡大育は「74」でプレーして、通算3アンダー20位で3日目を終えた。2番でバーディを先行させたが、前半の8番(パー5)でトリプルボギー、後半13番(パー3)を痛恨のダブルボギーとするなど、4バーディ2ボギー、1ダブルボギー1トリプルボギーと出入りの激しいゴルフで後退した。

ニコラス・ファン(マレーシア)が通算11アンダーとして単独首位に浮上。通算10アンダー2位にタワン・ウィラチャン(タイ)とジュビック・パグンサン(フィリピン)の2人が並んだ。プラヤド・マークセン(タイ)はイーブンパーの「71」でプレーして、通算7アンダー9位タイに続いている。

45位で出た亀代順哉は3バーディ、3ボギーの「71」でプレーして、通算イーブンパーの35位に順位を上げた。